レンズ売上げランキング NIKKOR Z 50mm f/1.8S が3位ランクイン

 Z 50mm f/1.8Sが3位にランクインしています。

 
第1位 タムロン 28-75mm F2.8 Di Ⅲ RXD(ソニーEマウント)
第2位 キヤノン RF24-105mm F4L IS USM
第3位 ニコン NIKKOR Z 50mm f/1.8S
第4位 キヤノン EF70-200mm F2.8L IS Ⅲ USM
第5位 キヤノン EF100-400mm F4.5-5.6L IS Ⅱ USM
第6位 ソニー FE 16-35mm F2.8 GM
第7位 ソニー FE 24-105mm F4 G OSS
第8位 ソニー FE 24-70mm F2.8 GM
第9位 ニコン AF-S NIKKOR 24-70mm f2.8E ED VR
第10位 ソニー Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA
 
(記事を一部引用しています)

 ヨドバシカメラの一眼カメラ用交換レンズの売上げランキングでZ 50mm f/1.8Sが3位にランクインしています。どうやら多くの人がNikon Zの単焦点交換レンズとして50mmレンズを購入しているようですね。

 同様にキヤノンのRFも2位にランクインしており、EOS Rも売れていることがわかります。ただしEOS Rにはキットレンズが存在しないため、レンズを購入する必要があり、そのためにこの標準ズームである24-105mmがランクインしているものと思われます。ニコンの場合は、キットレンズとは別に買い増している人がほとんどでしょうから、3位というのはそれなりに売れているのだなという印象ですね。

 ニコンとキヤノン以外では、ソニーもフルサイズ用のレンズが4本ランクインしており、かなり売れているなという印象ですね。ニコンやキヤノンは今後はボディを改良してソニーに追いつく必要性がたかくなってきていると言えそうです。

 レンズラインナップもなるべく早く揃える必要があるわけですが、今後のラインナップ拡充はどのようになるのか楽しみですね。

 詳細は本記事下部の記事元リンクからどうぞ。


(記事元)https://capa.getnavi.jp/news/277365/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
お名前、メール、ウェブサイトの入力は必須ではありません。