2019年デジカメ見通し レンズ交換式がコンデジを凌駕も250万台減少

 高価格機種へシフトしていますが、全体的には減少傾向です。

 
■2019年出荷見通し□総出荷
 
1,690万台(87.1%)
内「日本向け」250万台(89.3%)、「日本向け以外」1,440万台(86.7%)
 
□タイプ別
 
レンズ一体型デジタルカメラ
690万台(79.3%)
内「日本向け」150万台(83.3%)、「日本向け以外」540万台(78.3%)
 
レンズ交換式デジタルカメラ
1,000万台(92.6%)
内「日本向け」100万台(90.9%)、「日本向け以外」900万台(92.8%)
 
交換レンズ
1,650万本(91.7%)
内「日本向け」180万本(85.7%)、「日本向け以外」1,470万本(91.9%)
 
■2018年出荷実績□総出荷
 
1,940万台(77.8%)
 
□タイプ別
 
レンズ一体型デジタルカメラ
870万台(65.1%)
内「日本向け」180万台(77.5%)、「日本向け以外」690万台(62.5%)
 
レンズ交換式デジタルカメラ
1,008万台(92.2%)
内「日本向け」110万台(87.0%)、「日本向け以外」970万台(92.8%)
 
交換レンズ
1,800万本(93.8%)
内「日本向け」210万台(88.1%)、「日本向け以外」1,600万台(94.6%)
 
(記事を一部引用しています)

 カメラ映像機器工業会が2019年のカメラ販売台数に関する見通しを発表しています。

 まずはカメラ全体では2018年が1940万台との予想でしたが、2019年では1690万台としています。全体的にカメラの需要が低下しているなかで250万台も販売台数が下がると予想しています。これは販売台数の10%以上もの低下ということで、カメラ業界としては引き続き厳しい状態にあると言えそうですね。

 ですが、主に減少しているのはレンズ固定式のいわゆるコンデジと言われるカメラで、レンズ交換式としては8万台のマイナスということで、ほぼ2018年と同じぐらい売れるだろうとしています。このあたり、やはりカメラメーカとしてはレンズ交換式に力を入れていくしかないという判断になるのだと思いますね。

 レンズ交換式では、特にミラーレスに関して力を入れていく必要があると思われます。特にニコンでは、フルサイズミラーレスのラインナップの拡充と、高級レンズと廉価レンズをできるだけ速く揃えていく必要がありますね。さらにAPS-Cミラーレスに関しても力を入れていく必要があると思われます。ニコンにそれだけの経営資源があるかどうかは不明ですが、シェアを得るためにはなんとかして実現していく必要がありそうですね。

 廉価コンデジに関しては、Nikon 1が他のコンデジと比較して訴求力があると思うのですが、復活はありえないのでしょうか?

 詳細は本記事下部の記事元リンクからどうぞ。


(記事元)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190201-00000139-impress-ind

One Comment

  1.  個人的にはニコン1が出たとき、像面位相差やシャッターなし(J1)等に画期的他感じたのですが、反面、MFリングなし、V1のかっこ悪さ、専用レンズ以外に対する寛容のなさ、操作性他のコンデジ寄りなどによって、導入に至りませんでした。レンズも全体的に普通で、小型以外に魅力を感じませんでした。全体的な高倍率化や、もっと特徴的なものが出てほしかったです。※DL24-500は出ていれば買う予定だったのですが。。。。。それが気に入れば18-50だって。。。。
     1インチセンサでも問題はないと(個人的には)思うのですが、Nikon1が出ると3マウントとなり大丈夫か? ソニーRX、キャノンG、パナソニックの高級コンデジとの競争もあるので、難しい面はあるのでしょうね。妄想的には、EF-Mマウントで1インチセンサーが出ればとか考えてしまうのですが。。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
お名前、メール、ウェブサイトの入力は必須ではありません。