ソニーフルサイズ市場で1位獲得 ニコン、キヤノンの参入は遅すぎた?

 ソニーがフルサイズ市場で18年通年で1位を獲得したそうです。

 
 高性能センサーを搭載したフルサイズモデルは一般に、プロやハイアマチュアが使う高級カメラだ。いわばカメラヒエラルキーの頂点。ここでシェアを取れば波及効果は大きく、各社の鼻息は荒い。
 
 「18年に通年で初めて、(一眼レフとミラーレス一眼カメラを合わせた)フルサイズ市場でグローバルシェアナンバーワンを獲得した」と、ソニーイメージングプロダクツ&ソリューションズの大島正昭担当部長は胸を張る。けん引するのは、13年発売のミラーレス一眼カメラαシリーズ。特に17年発売の「α9」は高速連写機能などに優れ、「ミラーレスの歴史的なターニングポイント」と自負する。
 
 他社もうごめく。キヤノン新製品発表会は2月14日、パナソニック新製品発表会と同時間帯に開催され、「つばぜり合いか」と業界関係者の耳目を集めた。さらに話題になったのが新製品「EOS RP」の本体参考価格だ。
 
 最近のフルサイズミラーレス一眼カメラとしては格安の約16万円。低価格、高性能の「EOS Kiss Digital」でキヤノンが一眼レフのデジタルカメラを一気に普及させた“03年の再来”を狙っているかのようだ。
 
● それでもソニー1強か
 
 ソニー躍進の陰で、フルサイズのシェアを減らしてきたのが一眼レフのフルサイズ2大巨頭のキヤノン、ニコンだった。遅ればせながら18年後半、ニコンは2機、キヤノンは1機(さらに前出の1機を3月中旬発売)のフルサイズミラーレス一眼カメラを発売した。
 
 ただしBCN調べでは、両社の市場参入後の18年末でもソニーはフルサイズミラーレス一眼カメラシェアで60%超をキープ。この分野で先行者故にボディー(9機)とレンズ(48本)のラインアップでキヤノンとニコンを凌駕、「両社がラインアップを充実させるにはあと2、3年はかかるだろう」とBCNの道越一郎アナリスト。故に少なくとも数年は、「ソニー1強」が有力視されている。
 
 新興ソニーに負けて屈辱であろうキヤノン、ニコンにとってさらに悩ましい問題は、それぞれが展開してきた一眼レフのフルサイズとのカニバリ(共食い)だ。特に高齢カメラファンにとって、軽量、小型のミラーレスは垂ぜんの的。こういった層が一眼レフから流れているだけという面は拭えない。
 
 当面はカニバリがほぼないソニーの高笑いが続きそうだ。
 
(記事を一部引用しています)

 ソニーが躍進しています。記事によれば、2018年の通年でニコン、キヤノンを押さえてフルサイズ市場でのシェア1位を獲得したということですね。

 ソニーしか発売してなかった期間が長いのだから1位なのあたりまえじゃんって思うかもしれませんが、これはフルサイズミラーレスでのシェアではなく、一眼レフとミラーレスも含めたあるサイズ市場で、ついにソニーがニコンやキヤノンを逆転したということで大騒ぎになっているわけですね。

<<下に記事が続きます>>


 そして記事にあるように、今ではフルサイズミラーレスは機能的にソニーの製品のほうが優れている点が多いのにあわせて、レンズも様々なレンズがラインナップされているので、自分好みのレンズや、被写体に合わせたレンズを選択できるというメリットがあるわけですね。これはソニーが早くからフルサイズミラーレスに取り組んできた成果と言えると思います。

 逆に言うと、ニコンやキヤノンは、このギャップを早急に埋める必要があります。初心者が購入しやすい安価なカメラやレンズもそうですが、様々な用途に適合するレンズ、性能の良いレンズ、大口径レンズなどを早急にラインナップしていく必要があります。そのため各社はレンズや本体のラインナップを充実させていこうとしているのでしょうね。

 特にキヤノンについては廉価な製品を投入することで、ソニーの値下がりした旧型商品を向かい打つ戦略ということで新品で16万円となるEOS RPの発売を予定しています。ここからさらに値下がりがあるとしたら1桁万円台もあり得るというとんでもないカメラになる可能性はありますね。

 これらの流れをみると、ニコンとキヤノンは焦っているようにも見えますね。ソニーがα9やα7IIIをこれほど早い時期に投入してくるとは考えていなかったのではないのかな?と思います。

 そのため対抗するために早急に自社でフルサイズミラーレスを発売する必要がでてくるわけですが、先に発売したソニーが有利な状況になっています。そう考えると、ニコン、キヤノンは1~2年ぐらい前倒ししてフルサイズ市場に参入したほうがよかったのではないかな?少なくともレンズの設計は進めておいて、ラインナップを整えて置いたほうがよかったのかな?とも思えますね。

 というわけで、予想以上にミラーレス化が進んでいるわけですが、ニコンもこのまま見ているわけではありませんので、どのように対応してくるのか楽しみなところですね。

 詳細は本記事下部の記事元リンクからどうぞ。


(記事元)https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190225-00194922-diamond-bus_all

One Comment

  1. 一言で言うとミラーレスカメラの性能進化が予想以上に早かったということかと思います。
    この部分でいうと、キヤノンもニコンも見誤った感はありますね。

    ただ、ニコンでいうとZ7はほぼほぼα7RⅢの性能を達成していますので、技術的なディズアドバンテージ面での深刻さは低いかと思います。恐らく今までも研究は続けて来たのでしょう。

    2年ほどで後発組もレンズライナップが充実してくるかと思いますので、3年後が勝負かなと思います。

    ただし、現レフ機愛好家組の最大の悩みは、今後はレフ機の新機種が開発されない可能性があることかと思います。実はこの問題の方が切実なんですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
お名前、メール、ウェブサイトの入力は必須ではありません。