デジタル一眼 入門機よりソニーα7 IIIが人気な理由

デジタル一眼の売れ筋はソニーα7 IIIのようです。

 カメラコーナー担当の川上柊子氏は「スマホで写真撮影の面白さを知った人が、よりハイレベルな撮影ができるカメラを探しに来るという流れができあがっています。また、リタイアしたので写真の趣味を復活させたというシニア世代の人も多く、デジタル一眼の中でも上位クラスはむしろ活況といえます」と解説する。
売れ筋ランキングは、そうした高級路線を裏付ける並びとなっていた。
取材日はお盆明けの8月21日で、ニコン初のフルサイズミラーレス「Z 6」「Z 7」の発表前だったが、「α7 III」が入門機を押しのけて一番人気となるなど、フルサイズミラーレスの勢いを感じさせる結果となった。ニコンも2位の入門機「D5600」だけでなく、中級機の「D7500」が3位、フルサイズ一眼レフ「D850」が5位に入るなど幅広い層での好調ぶりが窺える。
新規ユーザーも多いソニー「α7 III」
一番人気はソニーのミラーレス「α7 III」。フルサイズの裏面照射型CMOSセンサーを搭載し、最高約10コマ/秒の連写が可能なモデルで、フルサイズミラーレスのなかではとりわけ買いやすいモデルとして多くのファンを集めているようだ。
「元々動く被写体の撮影に定評のあるシリーズですが、そのうえでフルサイズかつコンパクトということでヒットしていますね。これまでのαシリーズからの乗り換えという人はもちろん多いですが、α7 IIIをきっかけにソニーのEマウントに入ったという人も少なくありません」
実際、このクラスでは珍しく、ボディーのみ(22万9880円)と同じくらいのペースで、「FE 28-70mm F3.5-5.6 OSS(SEL2870)」をセットにしたズームレンズキット(24万1980円)がよく売れているという。「フルサイズ対応の標準ズームレンズとしては小型で、この価格で買えるならかなり魅力的ということもあります」。
入門機はニコン「D5600」「D7500」が強い
続く2位は、一眼レフ入門機として定番のニコン「D5600」。本体重量が約415gと軽く、フォーカスポイントが39点と多く、ピントを合わせやすいのが強みのひとつとなっている。「女性でも持ちやすいということでファミリー層に安定した人気があります。また、高校生や大学生の方が初めてのマイカメラとして選ぶケースも増えています」。
3位に入った「D7500」はD5600の上位モデル。D5600と比べて連写スピードが速く、フォーカスポイントが増えているうえに、4K動画撮影にも対応している。
こちらも入門機として安定して売れているそうだ。ただし、客層は若干異なる。「趣味としてカメラを始めたいという人は、最初から上位モデルのコチラを選ぶということが多いです。学校のカメラ部に所属していて先輩に勧められたという話もよく聞きます」。
女子受けの中心はオリンパス「OM-D E-M10 Mark III」
4位はオリンパス・イメージングのミラーレス「OM-D E-M10 Mark III」。低価格クラスながら手ぶれ補正機能に定評があり、4K動画が撮影できることと、電子ビューファインダーを搭載している点が高く評価されているという。
(記事を一部引用しています)

記事によれば、最近ではスマホからのステップアップという流れができていて、しかもより高級機を購入するという流れになっているようです。
ソニーが売れているのは、やはりフルサイズセンサーなので他の人との差別化できるということと、他の一眼レフより小さいということ、そしてミラーレスならではの機能があるというところのようですね。何より高機能で小さいサイズなのに価格も比較的安くみえるというのが売れている理由のようです。そして、今はフルサイズセンサーとしてはソニーしか選択肢がないというのも大きいと思います。
記事によればスマホからのステップアップする流れができあがっているとのことですが、スマホでの撮影といえば、当然ですが液晶を背面液晶がわりにして撮影するスタイルですから、スマホで撮影していた人はEVFでの撮影にはまったく違和感なく受け入れることができると考えられますね。なんなら、ライブビューでの撮影でも問題ないわけです。
一方、ニコンではD5x00シリーズやD7x00シリーズが売れているようです。画質だけみるとAPS-Cセンサーのニコンの画質は上位に食い込むレベルですし、DXフォーマットのキットレンズは標準キットレンズとしては非常に画質が良いので選択される理由もわかる気がしますね。
ニコンでいうとNikon Z6が入門機的な役割を果たすのだと思いますが、今後、ラインナップをどのように拡充していくのが気になるところですね。
詳細は本記事下部の記事元リンクからどうぞ。

(記事元)https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180906-74936765-trendy-sci&p=1

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
お名前、メール、ウェブサイトの入力は必須ではありません。