富士フイルム 「市場半減と予測するキヤノンは間違っている」

 富士フイルムはキヤノンの予測には賛成できないようです。

 
CP+2019の開催中、Imaging Resourceは二人の富士フイルム幹部と、写真業界についてのインタビューを行った。
 
別のインタビューでキヤノンは、数年後にカメラ市場は50%縮小することになるだろうと述べた。富士フイルム幹部の予想では、それに同意できないようだ。
  
Dave Etchells/Imaging Resource:キヤノンの幹部がいうにはレンズ交換式カメラ市場は、今後2年で半分に縮小すると述べている。それに同意する?あなた自身の予想は?
 
Toshihisa Iida/富士フイルム:全く賛同できない。私たちは本当にキヤノンの見通しが信じられない
 
Dave Etchells/Imaging Resource:はい。あなた方の予想は?あなたは市場は全体的にどのようになると考えているのか?
 
Toshihisa Iida/富士フイルム:それはどのようなイノベーションがあり、メーカからどのような影響を受けるかによるだろうと私は考えている。市場を存続させることが我々の使命だ。だから、私たちの予想では、カメラ市場はまだ成長する可能性があると考えている。
 
Dave Etchells/Imaging Resource:成長する?
 
Toshihisa Iida/富士フイルム:はい。アジア市場だけみれば、そこには非常に多くの人口がある。いくつかの国では減少するだろうが、いくつかの国々はすぐに成長に変わるだろう。
  
記事のまとめ
・富士フイルムは、レンズ交換式デジカメ事業が今後2年間で半減するというキヤノンの予測に賛成できない
・市場はイノベーションによる革新に依存する
・富士フイルムはさらに成長の余地があると考えている
・いくつかの国の市場は衰退するが、他の市場は成長する可能性がある(アジア市場)
 
(記事を意訳しています)

 キヤノンが今後数年でレンズ交換式カメラ市場が半減するという見方を、富士フイルムは賛同できないようです。

 以前、キヤノンはレンズ交換式のカメラ市場は半減するとインタビュー記事で答えていました。それはキヤノンほどのメーカが予測しているということで、その数字に関して衝撃を受けた人はかなりいたと思います。ですが、富士フイルムの人は海外市場を念頭に、それほど急激に市場が減少するとは考えていないようですね。むしろ成長する場合もあるとしているようです。

 確かに新興国などではカメラが高価で購入できないようなことがあっても、今後の発展で賃金が上昇しカメラが購入できるようになると、それだけ市場が大きくなる可能性はありますね。

 それでも安心できません。富士フイルムの人もイノベーションが必要だと述べています。なぜでしょうか?

<<下に記事が続きます>>


 現在のカメラ製品は、ほぼほぼ完成に近い製品に仕上がっています。特殊な用途やプロユースなどを除いて普通に使用する分には十分に満足できる写真が撮影できるまで高機能化していますね。なので、ほとんどの人はその機能に満足してしまい、新たな機能や革新的な機能がないと買い換えをしてくれません。

 さらにカメラの高機能化にも限界があります。最初のうちは、より解決しやすい簡単な問題点を技術進化により解決していって、その機能をカメラに搭載することが簡単にできます。しかし、それが一つずつ解決していくと、残るのはより解決が難しい複雑な問題点となります。そうすると、それを解決するにはより複雑な機能を追加したり、長時間かけて技術開発したりする必要があり、時間やお金を非常に投入しないと実現できなかったりします。こうなると、次第に次々に新機能を投入するということが難しくなり、モデルチェンジしても前機種とあんまり機能的な変化がないということがよくあります。最近はスマホでもこのことが言われていますね。こうなると、やはり買い換え需要が発生しないということなります。

 ですので、そこで必要なのがカメラに新たな視点から新しい付加価値を与えるイノベーションが必要だと富士フイルムの人は述べているのだと思われます。

 ですが、そのイノベーションを起こすことが非常に難しいのですよね。オートフォーカス化やデジタル化、ミラーレス化に続く新しいイノベーションが起きると、カメラの市場はさらに膨らむと考えられますが、メーカはどのようなものを考えているのか興味のあるところですね。

 詳細は本記事下部の記事元リンクからどうぞ。



(記事元)https://www.canonwatch.com/fujfilm-exec-says-canon-is-wrong-ilc-market-will-not-shrink-depends-by-innovation/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
お名前、メール、ウェブサイトの入力は必須ではありません。