フジ、オリンパス 「フルサイズに参戦しない」 勝算あるか?

フジ、オリンパス 「フルサイズに参戦しない」 勝算あるか?

 各社で戦略が分かれているようですね。

 
 ミラーレスカメラのシェア争いが激しさを増すなか、各社の商品戦略の違いも目立ち始めた。2月28日~3月3日にパシフィコ横浜で開かれたアジア最大のカメラ見本市「CP+」では、ニコン、キヤノンに続いてパナソニックも大型の画像センサーを搭載した「フルサイズ機」を投入するなど、さながら「フルサイズ祭り」の様相を呈した。その一方で、富士フイルムやオリンパスはフルサイズへの参入を否定し、別の分野で勝負する姿勢を鮮明にしている。
 
 「世はまさに“フルサイズ祭り”の様相。『御社は参加しなくて大丈夫?』と質問されることが増えた」と苦笑するのは、富士フイルム光学・電子映像事業部の飯田年久事業部長。フルサイズ機の需要は全体の3割程度にとどまるとみて、あえて参入しないという。
 
 そこで富士フイルムは、APS-C機でビギナー層の開拓に注力する。3月下旬発売する「FUJIFILM X-T30」は、秒間30コマの連写機能や400グラムを切る軽さの本体重量が特長。フルサイズ機の性能までは求めないボリュームゾーンの獲得を狙う。
 
 オリンパスが2月発売した「OM-D E-M1X」も、これまでの製品群と同様にアウトドアでの使い勝手を重視し、フォーサーズ規格のセンサーを搭載した。「フルサイズに参入する考えはない」と、笹宏行社長は断言する。
 
 フルサイズ機でシェア首位のソニーも、APS-C機「α6400」を先月発売した。“自撮り”をしやすい可動式液晶モニターなどが同製品の特徴だが、フルサイズ機と同じレンズ規格を採用している点に、ユーザーを囲い込む戦略が現れている。
 
 一方、キヤノンの新機種「EOS RP」(3月14日発売)はフルサイズ機ながら小型・軽量で、手ごろな価格に設定。こちらも広い間口でビギナー層をすくい取り、高級機へのステップアップ需要を狙う。
 
(記事を一部引用しています)

 各社は様々な戦略を考えているようです。それぞれ、どのような違いがあるのでしょうか?

<<下に記事が続きます>>


 富士フイルムとオリンパスはフルサイズミラーレス市場へは参入しないようです。富士フイルムではフルサイズの需要はカメラの需要の3割程度にとどまるとして、フルサイズ市場は狭い市場なので魅力が無いと判断したようですね。そのためAPS-Cミラーレス市場で頑張っていくようです。

 もっとも富士フイルムには中判センサーのカメラがありますので、わざわざフルサイズセンサーのカメラを発売せずとも、中判センサーのカメラで差別化ができるので、それはそれでいいということなのでしょう。

 オリンパスも同様にマイクロフォーサーズカメラに注力していくようです。オリンパスが発売したプロ用カメラのOM-D E-M1Xについては海外展開することで、海外の売上を伸ばすための戦略的なカメラである可能性が高いようですね。オリンパスのシェアは日本だけ海外と比較して異常に高いのですが、海外でもシェアを握りたいというのが本音だと思われます。そのためには、フラッグシップ機があると売り出しがしやすいですね。

 キヤノンはAPS-Cミラーレスも展開しているわけですが、廉価なフルサイズミラーレスであるEOS RPを投入することで、高級なAPS-C機を購入するのか、廉価なフルサイズミラーレスを購入するのかという新しい選択肢を示すことができたと考えることができそうです。このあたりのゾーンについては各社も狙っているでしょうから、各社から新しい廉価フルサイズがいろいろと発売される可能性は高そうですね。

 ところで、ニコンについてはAPS-C一眼レフ、フルサイズミラーレス、フルサイズ一眼レフというラインナップになっており、APS-Cミラーレスは現在のところ発売されていません。これだけ出遅れるとかなり厳しいと思いますので、できるだけ早期の発売が望まれるところではないのかな?と思います。差別化としてNikon 1を復活させるのも手だと思いますが、どうなるでしょうか?楽しみですね。

 詳細は本記事下部の記事元リンクからどうぞ。




(記事元)https://www.sankeibiz.jp/business/news/190403/bsc1904030650001-n1.htm

カメラ業界・市場動向カテゴリの最新記事