ミラーレス販売ランキング ニコン トップ10に入らず このままで大丈夫?

 キヤノンのシェアがかなり大きいようですね。

 
 日本はカメラ業界の素晴らしい販売データを手に入れられる唯一の国だ。BCNは2019年3がつのミラーレスカメラランキングを作成した。それによれば、キヤノンEOS Kiss Mが約20%近くのシェアを得ている。キヤノンはまたEOS M 10もランキング10位以内にランクインしている。 

Ranking Company Camera Sales %
1 Canon EOS Kiss M (M50) 18.2%
2 Sony a6400 15.4%
3 Olympus PEN E-PL8 9.3%
4 Canon EOS M100 8.8%
5 Olympus PEN E-PL9 4.5
6 Sony a6000 4.1
7 Sony A7 III 3.5
8 Olympus OM-D E-M10 Mark III 2.9
9 Olympus OM-D E-M10 Mark II 2.4
10 Sony a5100 2.3

 
(記事を一部意訳しています)

 BCNが2019年3月のミラーレスカメラのシェアランキングを発表したようです。記事によれば、上はのランキングになっているようですね。内容的には、APS-Cセンサー以下のサイズのセンサーがほとんど占めているということがわかります。逆に言うとフルサイズミラーレスはα7 IIIの3.5%だけということになります。10位のα5100が2.8%のシェアということですので、Nikon Z6やZ7、EOS Rもミラーレス市場の中では、多く見積もっても2.3%以下のシェアでしかないと言うことになります。これだけみるとフルサイズミラーレスのシェアってとっても小さいということがわかります。ですが、これが必ずしも正しいシェアを表しているとは言えない可能性は考えられそうです。なぜでしょうか?

<<下に記事が続きます>>


 BCNランキングは全国の家電量販店やECサイトのPOSデータを集計したものです。ということはどちらかというと一般の人が利用する家電メーカなどが多くなるため、専門店などについては集計されていない可能性があり、そのため比較的安価な製品や、一般ユーザが購入する製品のシェアが高めにでる可能性も考えられます。

 さらに、これは金額ベースではなく販売数量ベースと考えられますので、どうしても価格の高いフルサイズミラーレスは数量ベースではシェアは少なくなってしまうということも考えられますね。

 とはいえ、上記の表をみれば、比較的安価な製品がよく売れていることがわかります。やはり一般ユーザの購入するボリュームゾーンはAPS-Cセンサーであると思われるため、APS-Cセンサーのミラーレスの投入はニコンにとっては必須であると考えられそうです。

 今後、ニコンがどの段階でAPS-Cミラーレス市場に参入するかが興味のあるところですね。

 詳細は本記事下部の記事元リンクからどうぞ。


(記事元)https://www.canonrumors.com/the-canon-eos-m50-leads-mirrorless-camera-sales-in-japan-for-march-2019/



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
お名前、メール、ウェブサイトの入力は必須ではありません。