ミラーレスカメラ ついに販売台数で一眼レフ超え 史上初のできごと

ミラーレスカメラ ついに販売台数で一眼レフ超え 史上初のできごと

 ついに統計史上で初の一眼レフ超えだそうです。

 
ミラーレスカメラの販売が好調だ。業界団体であるカメラ映像機器工業会(CIPA)の発表によると、2018年(2018年1月~12月)のミラーレスカメラの販売台数は、前年比8.6%増の59万台となり、前年比30.4%減と市場縮小が顕著な一眼レフカメラの47万台を上回った。同工業会が調査を開始して以来、ミラーレスカメラの販売台数が、一眼レフカメラを超えたのは初めてのことだ。
 
その勢いは、量販店店頭でも感じられる。
 
全国の量販店などにおける販売状況を調査しているBCNによると、2019年第1四半期(2019年1月~3月)におけるレンズ交換型カメラの販売台数実績のうち、63.5%をミラーレスカメラが占めており、ほぼ3台に2台がミラーレスという結果になっている。
 
一眼レフカメラの市場縮小に加えて、写真撮影機能が向上しているスマホに押されて需要が減少しているコンパクトデジカメに対して、ミラーレスカメラだけが市場を拡大している格好だ。量販店では、ミラーレスカメラの売り場拡大に余念がない。
 
■小型軽量で動画も得意
 
ミラーレスカメラが人気になったのには理由がある。
 
一つは、ミラーレスカメラならではの技術的な特徴だ。ミラーレスカメラは、従来の一眼レフカメラよりも小型化、軽量化が図りやすい。また、光学ファインダーに代わって搭載されている電子ビューファインダーを通じて、明るさや色味などを撮影前に確認することができるといった利便性の高さも特徴の一つだ。
 
エントリーモデルが購入しやすい価格設定となっている点も、ミラーレスカメラ市場拡大の要素のひとつになっている。
 
10万円を切る価格で、レンズ2本とセットで購入できるほか、特価品を狙えば、5万円以下でも、本体とレンズ2本のセット購入が可能だ。量販店では、スマホの写真では飽き足らないというユーザーが購入するケースが増えているという声が聞かれる。
 
(記事を一部引用しています)

 ついに一眼レフの販売台数をミラーレスが追い越しました。上記の生地によれば、ミラーレスカメラは約9%増加の59万台、一眼レフは30%減の47万台ということです。ここにきて、12万台も差がついたことになります。思ったより早くミラーレス化の波がきているということが言えそうですね。

 一眼レフに関してですが、特にエントリーモデルはほとんど完成の域に近づいています。これ以上の高性能化をすると、ほとんどハイアマチュアモデルのような機能を追加していかなくなるので、差別化が難しくなってきていますね。画質に関しても、ここのところほとんど変化がありません。違う機能というのは画像プロセッサが最新のものになり画像が多少よくなったりですとか、スマホと連携できるようになったり、少しボディサイズが小さくなったといったもので、画質に関してはほとんど変化がないので買い替え需要をなかなかかんきできないような状況が続いていますね。ですが、ミラーレスのほうはまだまだ様々な需要を取り込むことができそうです。

<<下に記事が続きます>>


 

 ミラーレスについては、まだキヤノン、ニコンがまだまだ参入したばかりですし、様々な新しい技術が取り込みやすい環境にあります。ミラーレスの場合は、常にセンサーが受光していますので被写体をデジタル的に認識できるため、様々な処理が可能になります。

 例えば登録をした人だけにフォーカスを合わせるですとか、人が笑ったと判断したら撮影をするなどの機能の搭載が可能になります。この他にもAIを搭載すれば、どのような構図が優れているのかリアルタイムに判定してくれるなどのことも可能になると思われます。

 そうすると次々に新機能が搭載されたカメラが発売されることになるため、旧機種を所有しているユーザも、便利そうな機能があるのならかいかえようかな?と感じるということになるわけですね。

 というわけで、しばらくミラーレスに関してはレンズの販売を含めてメーカに特需をもたらすことにはなると思うのですが、これも先行きは長くないと思われますので、いまのうちにどのように新しい収益を得ようとするのか考えておく必要があると言えそうですね。

 詳細は本記事下部の記事元リンクからどうぞ。


(記事元)https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190515-00000005-nikkeisty-life



カメラ業界・市場動向カテゴリの最新記事