東京五輪の報道カメラ ニコン、キヤノン白黒対決に”シマウマ”参入

東京五輪の報道カメラ ニコン、キヤノン白黒対決に”シマウマ”参入

ソニーが参入しようとしています

 五輪のカメラマン席を二分するのが“白”のキヤノンと“黒”のニコンだ。“白黒対決”の歴史は古く、昭和39年の東京五輪でフィルム一眼レフ「ニコンF」がカメラマン席を席巻したニコンに対し、後発のキヤノンが1980年代に入り頭角を現し、じわじわとニコンのシェアを侵食。両社のシェアは拮抗するまでに至ったが、決定的な変化が生じたのが平成16年のデジタル一眼レフの使用が本格化したアテネ五輪だった。デジタル一眼レフ「EOS-1D MarkII」の導入でキヤノンがニコンを圧倒したのだ。その後、ニコンも盛り返してきてはいるものの、業界関係者によると、直近のシェアは6対4から7対3くらいでキヤノンがリードしているという。
 
 この熾烈(しれつ)な戦いに参入しようとしているのがソニーだ。ソニーはデジタル一眼のカメラ本体に反射鏡のないミラーレス機の中でも、大型画像センサーを搭載した「フルサイズ機」で大きく先行。高画質のフルサイズミラーレス一眼は、スマートフォンのカメラの普及で右肩下がりのデジタルカメラ市場でも数少ない成長株といわれている。大きな武器を売りに、来年の東京五輪・パラリンピックで存在感を示すことができれば、かつてキヤノンがデジタル一眼レフで実現した“下克上”も将来的に期待できる。
 
 ソニーは今年6月12日、プロ向けのスポーツ撮影に適した焦点距離600ミリの大口径超望遠レンズを発売すると発表。来年の東京五輪・パラリンピックでの使用を視野に入れたもので、「同型種では世界最軽量」とアピールしている。東京五輪・パラリンピックでは修理や調整などを行うプロカメラマン向けのブースも開設する方向だ。
 
 受けて立つ形の“二大巨頭”も黙ってはいない。両社とも五輪に向けた新商品を発表していないが、東京五輪・パラリンピックでゴールドパートナーとして協賛するキヤノンは、メーンプレスセンターに最大規模のブースを設置するなど各国から訪れるプロカメラマンを強力にサポート。ニコンも「従来提供してきたサポートを提供すべく、現在、組織委員会と調整中」(広報部)としている。
 
 五輪は取材パスの数が限られており、「報道各社と付き合いの長いキヤノン、ニコンのカメラが優先される」(元五輪カメラマン)という事情もある。五輪のカメラ対決がソニーも加わった“三つどもえ”となるにはまだ早そうだが、東京五輪・パラリンピックがその足がかりとなる大会になるのか注目したい。
 
(記事を一部引用しています)

 ソニーも本格的にプロフェッショナル市場に向けて参入しようとしていますね。

 ソニーはプロフェショナル向けのPROサポートを開始しています。これらの入会には条件があり、機材を所有しているプロカメラマンであることが必要です。会員になれるとカメラ機材の修理中に代替機材を貸し出したり、修理やクリーニング代の割引が受けられたりします。

 レンズに関してですが、ニコンは黒、キヤノンは白ですが、シマウマは何か?というとソニーのレンズのことですね。写真のように白黒のシマウマです。

<<下に記事が続きます>>


オリンピックではカメラブースでは何をしている?

 ニコンやキヤノンはオリンピックに自社機材を持ち込んで、様々なサポートをしているということです。なんと各国から70名に近い人材や、カメラ修理の職人を投入しているとのことです。そしてブースではカメラマンに対して機材の貸し出し、修理、レンズなどを試用してもらうサービスなどを提供しているようです。オリンピックにはものすごい数のカメラマンがやってきますから、その金額は家が何軒か建てられるぐらいの価格の機材を持ち込んでいると言われていますね。

 ソニーもプロ用のサポートとしてオリンピックで、このようなサポートをしたいと考えているようですが、これまでの歴史的に優先的にニコンやキヤノンを優先にブースを貸し出すようで、ソニーがなかなか参入できない状況が続いているようです。

<<下に記事が続きます>>


5年後のオリンピックではどうなるか?

 オリンピックでミラーレスを使用する人の割合はかなり高くなっていくと考えられています。もちろん、ソニーだけでなくニコン、キヤノン、パナソニックなどもフルサイズミラーレスを投入していることが理由です。

 スポーツでは時に静粛性が求められる場面が少なからずあります。例えば、記事にもありますが、ゴルフではインパクトの瞬間以前にはシャッターを切らないというのがマナーとなっています。オリンピックでも、アーチェリー、射撃、サーブ前のバレーやテニスや卓球やバドミントン、スタート前の陸上競技など、カメラのシャッター音が気になると思われる状況はかなり多いと思われます。

 これらの競技では撮影できないタイミングがあるわけですが、ミラーレスであれば無音で撮影できることになるため、ミラーレスを利用すると一眼レフでの撮影の倍ぐらい撮影枚数が増えるとも言われています。これまで見られなかったような写真を配信できるのですから、プロとしては気になってしまうのは仕方ありませんね。

 ですが、今のところミラーレスではソニーが一歩前に進んでいるわけですが、キヤノンとニコンも黙ってみているわけではありませんので、果たして5年後にはレンズや機能を充実化させてくると考えられますので、正念場は今後の5年間でどれだけシェアを握れるのか、よい製品を作ることができるのかにかかっていきそうですね。

 詳細は本記事下部の記事元リンクからどうぞ。


(記事元)https://www.sankeibiz.jp/business/news/190702/bsc1907020645001-n1.htm

カメラ業界・市場動向カテゴリの最新記事