意外にも写真コンテスト応募の約半数が29歳以下 市場縮小でニコンができること

意外にも写真コンテスト応募の約半数が29歳以下 市場縮小でニコンができること

スマホの台頭で分かった、カメラメーカーができること

 スマートフォンやSNSの普及により、これほど写真があふれている時代は過去にない。とはいえ、それがデジカメの販売台数に結び付いていないのがカメラメーカーにとってもどかしいところだ。

 そんななか、ニコンが2018年10月18日から19年2月1日にかけて作品を募集した「ニコンフォトコンテスト 2018-2019」には、世界170に及ぶ国と地域から過去最高の約3万3000人、9万7369作品の応募があった。ここでニコンが注目したのが、応募者の約半数が29歳以下だったことだ。

 ニコン映像事業部付の楠本滋氏は「表現の手法が急激に変化しており、ユーザーの裾野が広がっている。今回のニコンフォトコンテストの応募者の約半数が29歳以下と聞いたとき、若い世代の“表現したい”という欲求が世界中で高まっていることを感じた」と話す。

 ニコンフォトコンテストは、スマートフォンを含むあらゆるデジタル撮影機器からの応募が可能となっており、今回はスマホで撮影した作品も少なからずあった。「スマホの台頭により、写真を撮影する人口が増えた。これはカメラメーカーにとってネガティブ要素ではない」と楠本氏。「スマホのカメラ機能で十分という人もいるし、もっとこだわりたいという人もいる。スマホが出たことによって、さまざまなセグメントがあることが明確になった。カメラメーカーができることがまだまだたくさんあると市場が教えてくれている」

 カメラメーカーができること……その1つがフォトコンテストであり、それに続く受賞作品展だ。「これまでは何か施策を打てばすぐビジネスにつながっていた。しかし、今はフォトコンテストなどでユーザーの“写真熱”を高めていく必要がある」(楠本氏)

若者をターゲットに渋谷でプロモーション活動

 フォトコンテストのグランプリが発表されたのは19年8月23日。これを受けてニコンでは、「ニコンフォトコンテスト2018-2019受賞作品展」をインド、シンガポール、フランスなどで開催していく。国内最初の開催地には、渋谷キャスト(東京・渋谷)が選ばれた。

 しかし、「ただ『作品展を開催しています』というだけでは、人は興味を示さない」とニコン 映像事業部 事業管理統括部 販売戦略部 コミュニケーション戦略課の池田明子氏は言う。より多くの人に展示を見てもらうために、ニコンは3つの施策を展開した。

 その1つが「Nikon Photo Contest presents『PHOTO MUSEUM SHIBUYA』」だ。作品展が開催された19年8月24日~9月1日に合わせ、8月16日から展示終了まで、渋谷の街頭約70カ所に「ニコンフォトコンテスト」の歴代受賞作品を展示した。

 「渋谷を選んだ理由は大きく3つ。1つは再開発で渋谷が急激に変わっているタイミングにあり、コンテストの一般部門のテーマ『Change(変化)』を体現していると感じたから」と話すのは、池田氏と同じコミュニケーション戦略課の井出由佳氏。「2つ目は国籍、年齢、職業など、渋谷にいる人々の多様さ。つまり、いろいろな人に目にしてもらえる街だから。3つ目は若者文化の発信地の1つだから。若い人たちに写真を見てほしいという思いもあった」

大通り沿いにギャラリーを設置、インフルエンサーも活用

 渋谷キャストの屋外ガーデンには特設ギャラリーを設置した。ギャラリーは明治通りに面した中庭にあり、壁の一部は透明なカラーパネルになっている。「通りかかった人が自然に中に入れるように工夫した」と井出氏。また池田氏も「渋谷を歩いていたら、すごくいい写真が目に入った。それが『あ、ニコンが作品展をやってるんだ』となれば、フォトコンテストはもちろん、ニコンというブランドも身近に感じてもらえるのではないか」と付け加える。

 ニコンでは近年、カメラ女子をターゲットにしたウェブサイト「NICO STOP(ニコストップ)」の運営や、横浜DeNAベイスターズの撮影会の開催といったプロモーション活動を展開している。しかし今回のフォトコンテストを通じて同社は、コミュニティーという敷居をなくしてユーザーを引きつける術(すべ)を見つけたと言えそうだ。

 「若い人たちが写真に関心を持っているなら、環境を提供することはカメラメーカーとしての義務」と楠本氏は言う。「“写真熱”を高める活動は、競合を含めて業界全体でやっていかなくてはならない」。フォトコンテストに限らず、写真、ひいては自社ブランドをより身近に感じてもらうことは、あらゆるプロモーション活動に通じる。

(記事を一部引用しています)

静かに高まる写真熱

ニコンが写真に興味を持っている人に積極的に場所を提供しようと様々な活動をしているようです。

個人的に少し驚いたのですが、ニコンが開催したフォトコンテストでは、これまでで過去最高の応募があり、しかもそのうちの約半数が29歳以下の若者世代ということのようです。39歳以下に限定すると約70%になるということで、フォトコンテストに応募している人は想像より若い人が多いという印象ですね。

このように実は密かに写真に関する興味が多くの世代に広まっている可能性があるようです。

スマホのカメラ機能の向上で、既存の廉価コンデジ程度の写真が撮影できるようになってしまい、廉価コンデジ販売数は落ち込んでしまいました。そのおかげでカメラメーカは経営的に厳しくなっています。ですが、逆にいうと誰もがスマホを所有しているということは、実はほとんどの人が廉価コンデジ程度のカメラを所有しているということもいえる状況になっています。それだけカメラを所有している人のすそのが広がっているということになるわけですね。

そうなると写真撮影に興味を持つ可能性というのも、過去と比較して格段に高くなっていると考えることができます。スマホを所有している人が何かのきっかけで写真に興味をもってくれる人が1%でも増えれば、かなりの数になると考えられ、そしてそのなかの一定の割合でカメラを購入してくれれば、メーカにとってはかなりプラスになると考えられそうです。

実際にそのように写真撮影について興味を持つ人が多くなり、実際にフォトコンテストでも若者の応募がかなり増えているようです。

<<下に記事が続きます>>


写真に興味がある人にどのようにカメラを購入してもらうか

それだけ潜在的に撮影に興味を持つ人が増えている状況で、メーカとしては、そのような人々にどのようにしたらカメラを購入してもらうのかということが重要になっているといるようで、そしてニコンもそれについて対応していこうと考えているということのようですね。

ニコンは若い人たちが写真に関心があるなら環境を提供することはカメラメーカの義務として、様々な企画やイベントを通じて環境を提供しようとしているようです。例えば今回のコンテストや、受賞作品を展示する特設ギャラリーの設置などを通じて、写真に興味がある人を少しでも増やしていこうということが目的のようですね。

個人的にはカメラとスマホが決定的に違うところは、カメラのほうが自分オリジナルの表現をできる余地がかなり広いというところだと思います。例えば、絞りを自分で設定してボケ量を変化させたり、シャッター速度を遅くしてわざと被写体ブレさせてみたり、偏光フィルターを利用して水面の光の反射を抑えたり、フラッシュを利用して撮影したりなど、スマホではできないこともたくさんありますよね。

スマホではレリーズボタンを押すだけでAIが自動的に素晴らしい写真を撮影してくれるわけですが、カメラの場合には、様々な設定を自分で設定して、自分の思い通りに撮影するという、撮影のプロセスとそれがうまく出来たときの面白さみたいなものが重要なのかな?と思ったりします。このへんは車のMT車とAT車の楽しみ方の違いみたいなものがあるのかもしれません。

こういう取り組みをして写真撮影に興味をもつ人が増えたとしても、必ずしもニコンの製品を購入してもらえるわけではないので、すぐに効果が現れるということはないのかもしれません。ですが、市場が縮小しているいま、カメラ業界をあげて写真撮影の楽しさを広めるような施策というようなものが実は必要なのかもしれませんね。ニコンの取り組みを応援したいと思います。

詳細は本記事下部の記事元リンクからどうぞ。

(記事元)https://xtrend.nikkei.com/atcl/contents/watch/00013/00677/

カメラ業界・市場動向カテゴリの最新記事