デジカメ販売 8年でマイナス70% メーカはこの先生き残れるか

デジカメ販売 8年でマイナス70% メーカはこの先生き残れるか

 デジタルカメラ市場の縮小が止まらない。全国の家電量販店やECショップでPOSデータを集計する「BCNランキング」によると、2018年のデジタルカメラ市場は絶頂期である10年の約30%規模まで縮小していることが分かった。19年は、さらに下回る可能性がある。

 カメラ大手2社の決算からも、デジタルカメラ市場の厳しい実情が見て取れる。キヤノンは、10月28日に発表した2019年12月期の業績見通しでイメージングシステム(カメラ)事業の売上高を430億円下方修正し、前年比15.3%減の8220億円で着地すると見込んでいる。営業利益は122億円下方修正し、前年比59.9%減の508億円になると見通しだ。

 ニコンは、11月7日に発表した20年3月期の業績見通しで映像(カメラ)事業の売上見通しを250億円下方修正し、前年比20.6%減の2350億円になると見込んでいる。営業損益は220億円下方修正し、前年比320億円の減益、つまり100億円の赤字になる見通しだ。

 カメラ事業を安定的に継続するには、抜本的な策を講じる必要がありそうだ。例えば、自社競合になる可能性はあるが、ソニーやライカのように、スマートフォンのカメラに部品を提供することができるようになれば、カメラ事業に光明が見えるかもしれない。いずれにしろ、このままではジリ貧の状態が続くだろう。(BCN・南雲 亮平)

(記事を一部引用しています)

縮小が止まらないカメラ市場

デジカメ市場の縮小が止まらないようです。BCNによれば、デジカメ販売はここ8年で70%減少しているそうです。最も販売台数の多かった2010年の販売台数を100とした場合、2018年は30.2まで落ち込んでいるようです。そして、2019年は10月までで21.2まで落ち込んでいて、仮に均等割りして予想した場合、2019年内の販売台数は約26となる可能性があるようです。これは2010年との比較でマイナス74%減少ということになり、かなり市場が縮小していることがわかりますね。

もちろんスマホカメラがよくなって廉価コンデジを購入しなくてもよくなったというのも理由の一つと思いますが、カメラそのものが十分に優れたカメラになってしまい、買換えを促すことができなくなってしまっているのも理由の一つだと思いますね。

思い出せば、ちょっと前は裏面照射型センサーがでてきたおかげで、CMOSでも十分にキレイな画像が撮影できるようになり、次々と新しいコンデジが発売されて賑わっていたことを思い出します。CMOSはデメリットとしてノイズにより画質が低下してしまうことと、光を電気に変換する効率の低さがありました。しかし裏面照射型センサーのおかげで光を電気に変換する効率はかなり上昇し、そのおかげでノイズも少なくなり、さらに様々なノイズ除去方法によってCMOS特有のノイズも少なくなっていきました。

そのおかげでCMOSでも低ノイズの画像を得られるようになると、今度はCMOSならではの読み出し速度の速さを活かして、一度に複数の画像を撮影して合成するですとか、様々な技術が実用化されていきましたね。ですが、それが一段落するともうほとんど改良する余地はほとんどなくなってしまって、今に至るような感じになってしまっています。

このように優れた技術の開発があれば、それに伴って様々に実現できる機能がどんどん追加されていって買換え需要も促されることになるわけですが、今のところそのような新しい技術というものがないようで、わざわざ買い換える必要もなくなってしまっています。

<<下に記事が続きます>>


写真を撮影する人は急増、どうしたら振り向いてもらえるか

今はどこにいってもスマホで撮影している人が目に付きますよね。スマホ所有者=コンデジの所有者というぐらいになっていますので、どの観光地にいってもスマホで撮影している人をよく見かけます。ということは、スマホで撮影している人の、ほんの数%にでもカメラを購入してもらうことができれば、それだけでも市場はかなり回復することができると考えられますね。

今はスマホなどではボタンを押すだけで(画面にタッチするだけで)簡単に写真が撮影できてしまうわけですが、やはりカメラの面白さは自分で様々な設定をして、自分の思い通りの撮影ができることにあると思いますので、そういう意味で深い撮影の面白さを理解できるようになると、スマホからカメラに乗り換えようと思う人がでてくるのではないのかな?と思いますね。

このあたりはメーカとしても理解していて、様々な施策をしているようですが、なかなかうまく広がっていないようです。カメラメーカとしては今後も厳しい状況が続きそうですが、なんとか現状を打破して欲しいとおもいますね。

詳細は本記事下部の記事元リンクからどうぞ。

(記事元)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191110-00144957-bcn-sci

カメラ業界・市場動向カテゴリの最新記事