カメラ=綺麗に撮れる スマホ=携帯が楽,素早く撮影 カメラアンケート公開

カメラ=綺麗に撮れる スマホ=携帯が楽,素早く撮影 カメラアンケート公開

一般社団法人カメラ映像機器工業会(CIPA)は11月14日、デジタルカメラとスマートフォンの使い分けを主な視点とするユーザー調査「フォトイメージングマーケット統合調査」(株式会社BCNへの委託)の結果を発表した。

【この記事に関する別の画像を見る】

調査実施時期は、2019年7月下旬。調査は、日本国内に住む10~70代の女性・男性。また、月平均30枚以上写真を撮る人(日常的に写真を撮る人)を対象としている。

加えて、デジタルカメラユーザーに絞るのではなく、スマートフォンだけで写真を撮る人も対象とした。

サンプル数は、1,000名(本調査)、1万837名(予備調査)。

■一番よく撮影に使っている機器とその機器で撮影する理由(Top5)

レンズ交換式デジタルカメラでは、「きれいに撮れる」(79.1%)でトップ。「ズームができる/レンズを換えられる」(59.7%)、「自分が思うように撮れる」(51.1%)、「自然な雰囲気の写真が撮れる」(38.1%)、「撮影の結果が確認しやすい」(29.5%)と続いた。

スマートフォンでは、「すばやく撮れる」が(67.2%)でトップ。「いつも持っている」(66.4%)、「持ち運びやすい」(56.6%)、「使いやすい」(43.1%)、「撮った写真をいつでも見られる」(41.7%)となった。

レンズ交換式デジタルカメラとスマートフォンでは、その理由(Top5)は1つとして重ならなかった。

また、「すばく撮れる」「いつも持っている」「持ち運びやすい」はスマートフォンがレンズ交換式デジタルカメラを大きく上回るが、「きれいに撮れる」ではレンズ交換式デジタルカメラがスマートフォンを大きく上回る結果になった。

このことからCIPAでは、「気軽さではスマートフォンが圧倒する一方、もっときれいに撮りたいのならレンズ交換式デジタルカメラという構図」は揺らいでいないと結論付けている。

■写真を撮る理由は何ですか?

「写真を撮ることが好き・楽しい」は、スマートフォンユーザーがおよそ3割であるのに対し、レンズ交換式デジタルカメラは7割と格差が生じている。

また、レンズ交換式デジタルカメラユーザーの4割超が「写真は趣味・生きがい」と答えた。

「お出掛け・旅行が楽しくなった」「友人・仲間が増えた」「写真を始めて人生が変わった」など、ライフスタイルの転換に結び付く回答もレンズ交換式デジタルカメラユーザーならではのものとなる。

なお、「SNS で友人・知人に見てもらいたい」でスマートフォンがレンズ交換式デジタルカメラを上回る一方、「SNS で広く見知らぬ人に見てもらいたい」でレンズ交換式デジタルカメラがスマートフォンを逆転している。

■写真を撮り始めたのはいつごろからですか?(写真撮影の経験年数)

他の項目とは異なり、月間平均撮影枚数で調査対象を絞り込む前の事前調査の中の設問

写真撮影の経験年数は、最長選択肢とした「9年以上前から」が過半数(52.2%)となった。5年以上の選択肢の合算が7割を超える一方で、最短選択肢とした「撮り始めて1年未満・最近」は、わずか5.1%と最小値になっている。

CIPAでは、「写真撮影は生活の当たり前、経験値ならベテランの域に達する人が多数派という、当業界が向き合う市場の世界観」を再確認したという。

(記事を一部引用しています)

スマホは利便性、カメラは美しさ

CIPAが写真撮影を楽しむ人に対するアンケート結果を公開しています。調査対象者は10~70代の男女で、月間に30枚以上写真を撮る人が対象で、スマホ、カメラ(ミラーレス、一眼レフ)のどちらでの撮影でも30枚以上撮影した人を対象にしているそうです。サンプル数は1000人。アンケートはもっと多くの項目があるのですが、興味があった3つの質問の結果だけを引用しています。一つ一つ見ていきます。

まず、一番良く撮影に使っている撮影機器とその理由です。レンズ交換式カメラではキレイに撮れる、思うように撮れる、自然な雰囲気の写真が撮れるなど、主にキレイに撮影できるですとか、機能的に思い通りに撮影できるといったことが、カメラを利用する理由として上位にランクインしています。

スマホに関してはすぐに撮影できる、いつでも持って行ける、使いやすいというように、小型軽量でボタンを押すだけで撮影できるということについて好まれているようですね。

<<下に記事が続きます>>


スマホは報告、カメラは趣味?

また面白い違いとして、写真を撮ることが好き楽しいという人がレンズ交換式カメラでは7割なのに対し、スマホでは3割しかいないそうです。そして、スマホではSNSで友人・知人にみて欲しいという割合が高いが、カメラではSNSで広く見知らぬ人に見て欲しいという割合が高いそうです。

こうみると、美しい画像を素晴らしい構図や設定で撮影して、より多くの人に見て欲しいという人がカメラを利用しているのに対し、スマホでは撮影した画像を仲間内で閲覧することが目的となっているようですね。スマホの場合には、撮影したくて撮影しているのではなく、何か興味深いものがあったときに、それを仲間内に知らせたくて撮影しているという感じなのかもしれませんね。

最近はどのスマホにもいいカメラがついてますので、多くの人はいいカメラを所有しているような状態になっています。その人にスマホカメラを通じて、撮影することの楽しさを理解してもらえば、よりカメラを購入してくれる人が増える環境にあるとも言えると思います。スマホカメラで撮影しているユーザに何かしらのいいアピールができるといいのになと思いますね。

その他アンケート結果もあります。詳細は本記事下部の記事元リンクからどうぞ。

(記事元)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191121-00000145-impress-ind

カメラ業界・市場動向カテゴリの最新記事