デジタル一眼販売ランキング キヤノン好調5機種ランクイン ニコン低迷

デジタル一眼販売ランキング キヤノン好調5機種ランクイン ニコン低迷

デジタル一眼ランキングは、キヤノン「EOS Kiss M ダブルズームキット」が10週連続でトップとなった。またトップ3も3週連続で同じ並び。前回と比較すると「EOS Kiss M ダブルレンズキット」(前回9位)とソニー「α6000 ダブルズームキット」(前回10位)がトップ10外に後退し、替わって8位にオリンパス「PEN E-PL8 EZダブルズームキット」(前回12位)、10位にキヤノン「EOS M6 ダブルズームキット」(前回11位)がトップ10に帰ってきた。

1 キヤノン EOS Kiss M ダブルズームキット
2 キヤノン EOS Kiss X9i ダブルズームキット
3 ニコン D5600 ダブルズームキット
4 オリンパス PEN E-PL9 EZダブルズームキット
5 ソニー α6400 ダブルズームレンズキット
6 キヤノン EOS M100 ダブルズームキット
7 オリンパス OM-D E-M10 Mark III EZ ダブルズームキット
8 オリンパス PEN E-PL8 EZダブルズームキット
9 キヤノン EOS Kiss X10 ダブルズームキット
10 キヤノン EOS M6 ダブルズームキット

(記事を一部引用しています)

デジタル一眼販売ランキングキヤノン絶好調

ITMediaがデジタル一眼カメラの販売ランキングを公開しています。記事によれば、キヤノンが5機種ランクインしていて、キヤノン絶好調という感じですね。1位はAPS-CミラーレスのKiss M、2位は一眼レフのKiss X9iとなっていて、ミラーレスも一眼レフも両方とも売れているようです。一時期はミラーレスが一眼レフを食うのではないか?とみられていましたが、このランキングを見る限りは、もちろんミラーレスと一眼レフで製品は分かれていますが、さほど影響があるように見えませんよね。むしろ、適切な時期にKiss Mを投入してランキングを維持し続けているという印象です。キヤノンは廉価APS-CミラーレスのM100、EOS M6もランクインしていてAPS-Cミラーレスに関してはかなり強いという印象です。

そしてミラーレスといえばソニーというようになっていますが、残念ながらソニーの製品は1機種だけのランキングでα6400がランクインしているのみとなっていますね。

そして驚きなのはニコンのD5600が3位にランクインしていることでしょうか。たぶん価格が十分に安くなっていることもあるのでしょうが、ミラーレスではなく一眼レフを購入することを選択する顧客もまだまだいるということなのですね。D5600は静止画撮影では確かに優れたカメラですが、先進的なミラーレスと比較すると見劣りするのも確かです。特に瞳AFやフォーカスポイント数、像面位相差の正確性、動画でのAFの速さを考えるとミラーレスに分がありますが、価格の安さやOVFのメリットを理解した上で購入されているのでしょうね。

<<下に記事が続きます>>


ランキングによって順位が大幅にかわる理由

ここのところ様々なランキングを紹介していますが、それによってかなり順位が違うことがわかると思います。そのランキングを集計している会社や集計方法によってかなりの差があるからだと思われますね。

ランキングを公開している会社やショップは多数ありますが、ヨドバシカメラ、マップカメラなどのランキングでは玄人向けの商品が上位にランクインする傾向が高いです。どちらもカメラ専門店(もしくはカメラ専門店を原点とするショップ)であり、カメラ専門館などもあるため、カメラを趣味としている人が多く集まるショップですので、玄人向けの商品のランクが高くなることが多くなっているというわけですね。玄人向けの商品としてフルサイズカメラや、高級コンデジなどが売れ筋であるため、どうしてもこれらの製品が上位にランクインすることになります。

それに対して、BCNランキングやITMediaが公開しているGfk Japanによる集計は、全国の家電量販店のPOSデータを集計して発表しているものです。これらの中にはヨドバシやマップカメラのようなカメラ専門店の他、一般的な全国の家電量販店が集計データに含まれています(ヨドバシやマップカメラが集計対象かはわかりません)。そのため、カメラを初めて購入するというような人や、カメラ初心者などの割合が高く反映されると考えられます。なので比較的安価な製品がランクインしやすい傾向にありますね。傾向にあるというか、実際にはこちらのランキングのほうが実情に近いということが言えると思います。

どちらが良い悪いではないですが、ヨドバシ、マップカメラのランキングはカメラに詳しい人がいまどんなカメラに注目し購入しているのかを知る目的で、BCNやITMediaのランキングでは世間一般ではどのようなカメラが売れているのかを知る目的で見てみるのがいいのかな?と思います。

それを踏まえてランキングをみると、写真撮影を趣味とする玄人さんはフルサイズカメラを求めてソニー製品を多く購入し、一般ユーザでは比較的安価なミラーレスや一眼レフが購入されているというような感じになるのではないのかな?と思います。さらに一般ユーザ層でも、より写真を趣味にしている人がやや高めのエントリーの中でも高級機種やミドルクラスの中でも安いモデルを購入しているのかな?と思いますね。

まあ、それも完全に個人の想像なわけですが、ランキングもいろんな見方ができて面白いなと思います。詳細は本記事下部の記事元リンクからどうぞ。

詳細は本記事下部の記事元リンクからどうぞ。

(記事元)https://www.itmedia.co.jp/news/articles/1911/15/news139.html

カメラ業界・市場動向カテゴリの最新記事