ニコン,キャノンはミラーレス惨敗 一眼レフ強く判断遅れたと痛烈指摘

ニコン,キャノンはミラーレス惨敗 一眼レフ強く判断遅れたと痛烈指摘

 2018年11月から2019年10月までの1年間で、レンズ交換型全体の販売台数・金額の前年同期比を比較したところ、一眼レフとミラーレスを合わせたフルサイズカメラ全体で、ソニーは台数前年比118.9%、金額117.3%と2桁成長を維持している。追いかけるキヤノンは台数こそ106.6%と前年を上回ったが、金額では92.8%と前年割れ、ニコンに至っては台数・金額とも2桁割れに終わっている。ソニーに挑んだ2社ともに、急速に縮小するフルサイズ一眼レフをフルサイズミラーレスの投入でカバーできなかった。この結果、フルサイズカメラのメーカーシェアも、一眼レフが強いキヤノンから、ほぼミラーレスだけで戦うソニーが1位の座を奪い取った。

 さらに深刻なのは、販売台数の9割を占めるフルサイズ未満の市場。ここでも上位3社で伸びたのはソニーだけで、キヤノンもニコンも軒並み2桁マイナスの状態だ。市場全体が急速にミラーレスモデルにシフトしつつある中、レンズ交換型のトップ2を走るキヤノンとニコンに赤信号がともっている。レンズ交換型カメラ全体のメーカーシェアでは、キヤノンが41.7%とダントツのポジションを維持しているものの、縮小傾向に歯止めがかからず、安泰とは言い難い。2位ニコンは、16.9%とキヤノンに大きく水をあけられているばかりか、3位ソニーが15.8%とすぐ後ろに迫っている。

 キヤノン、ニコンの敗因はやはりミラーレスへの切り替えの遅さ。なまじ一眼レフで大きなシェアを握っているだけに、判断が遅れた。ミラーレス一眼で先行するソニーはカメラ本体のラインアップだけでなく、レンズも豊富にそろえて盤石の体制を築いた。

(記事を一部引用しています)

ニコンとキヤノンはミラーレスで返り討ちに

記事によれば一眼レフとミラーレスを合わせたフルサイズ市場全体で、ソニーだけが台数ベースも金額ベースもでも販売が増加しているが、キヤノンやニコンは販売は増加していないという結果になっているようです。特にニコンの場合は深刻で、台数でも金額ベースでも二桁割れ(10%以上のマイナス)ということで、これはかなりニコンにとって深刻になっていると言えますね。

市場全体のシェア的にもレンズ交換式カメラ全体でキヤノンは41.7%とダントツですが、ニコンは16.9%となっていて、その下にはソニーが15.8%と迫っているそうです。ソニーに抜かれることになるのは、もう目前ということになりそうですね。ニコンはまもなく日本で第3位のメーカになってしまうかもしれません。

<<下に記事が続きます>>


ミラーレス対応遅れと指摘

記事では、この原因としてミラーレスへの切り替えの遅れを指摘されています。しかも、匂わせるような書き方ではなく、2回もフルサイズミラーレスへの投入遅れに言及する記事になっており、かなり痛烈な指摘となっていますね。

逆にソニー側からみれば、リスクをとっても別分野(ミラーレス分野)で先鞭を付けることこそが、ニコンやキヤノンからのシェアを奪うことになると判断して、いち早くミラーレス市場に参入したのだと思います。そしてそれは今のところ結果的に成功することになっていますね。

思えば転機となったのは像面位相差センサーと、グローバルシャッターを実現したイメージセンサーが登場した頃だったと思います。それはご存じと思われる2011年10月に発売されたNikon 1の登場だったのではないのかな?と思いますね。それまでソニーのNEXはコントラストAFで、AFも遅くミラーレスはやっぱりAFはイマイチだよねという感じでしたが、Nikon 1の像面位相差センサーはそれを覆してミラーレスでも素早いAFが可能なことを証明しました。

このとき、恐らくAPS-C一眼レフのシェアを食い合うことを想定して1インチセンサーで発売したのだと思いますが、もしフルサイズセンサーでも利用可能なマウントを開発しておいて、APS-Cミラーレスとして発売しておけば、状況はかなり違っていたと思われますね。

今からそのようなことをいってもタラレバでなので意味がありませんが、今後は同様の選択肢を迫られることは多くあると思いますので、本当に後がない状況ということで間違った選択をしないようにしていかなければなりませんね。

詳細は本記事下部の記事元リンクからどうぞ。

(記事元)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191124-00146544-bcn-sci

カメラ業界・市場動向カテゴリの最新記事