キヤノン RFマウントレンズに集中!? 事実上EFレンズの開発終了??

Digital Camera Worldがキヤノンヨーロッパのシニアマネージャーとのインタビューを掲載しています。

ご存じの通り、去年、私たちはEOS RシステムとRFマウントを立ち上げたとRichard Shepherd キヤノンのプロプロダクトマーケティングシニアマネージャは述べた。これまでに我々は高い評価を得ている10本のレンズを発売した。新しいシステムなので、これを継続し、EFレンズシステムを完全にサポートしながら、さらに多くのRFレンズを発売する。そしてもちろん、市場が要求する場合には新しいEFレンズを作成する準備ができている。しかし、いまはRFレンズにフォーカスしている。

(記事を一部引用して意訳しています)
(記事元)https://www.digitalcameraworld.com/news/our-focus-is-on-rf-says-canon-no-new-ef-lenses-unless-market-demands-it

キヤノンはもうEFレンズを発売しない?

記事によれば「EFレンズをサポートしながら、さらに多くのRFレンズを発売する」としていますが、その後に「市場が要求する場合には新しいEFレンズを作る。今はRFレンズにフォーカスする」としています。これは需要がなければ販売することはないと断言しているようなもので、事実上のEFレンズの開発終了を意味しているのではないか?と受け取っている人が多いようです。

この「市場が要求する場合」という言葉は一種の常套句のようなもので、実際には需要がないので作らなかったという言い訳のために利用されることが多いようですね。なので海外では、これは事実上のEFマウントの開発を終了したと宣言したようなものではないか?と考える人も多いようです。いつかそういうことがあるかもしれないと考えていた人はいたようですが、まさかこんなに早くそんなことになってしまうとはという驚きの声が多いようですね。

やはり複数マウント維持は難しい?

キヤノンは現在、複数のマウントを維持しています。EFマウント、EF-Sマウント、EF-Mマウント、RFマウントの4マウントです。EFマウントとEF-Sを別マウントとしていいのかという問題はあるとしても、現状ではこれだけのマウントを維持していることになります。

縮小する市場で、これだけの別々のマウントを維持するのは効率が悪いのではないか?と考える人も多く、特にミラーレスであるEF-MマウントとRFマウントを別々にするのはまずかったというような声もあるようですね。ですが逆に、カメラを小さく作るにはAPS-C専用マウントであることが望ましいという人もいるので、このあたりは賛否がわかれるところだと思います。

戦略としてはソニーはAPS-Cマウント用のEマウントにフルサイズセンサーを搭載し、ニコンはフルサイズ用マウントのZマウントにAPS-Cセンサーを搭載しています。どちらもレンズが共用できるので、焦点距離が変わってしまうとしても、特に望遠域のレンズで使い回しができるので便利です。

キヤノンもそのあたりは考えているようで、少し前にRFマウントを採用したAPS-Cセンサーのカメラを発売するのではないかという噂があり、EF-Mマウントの存在がどうなるか心配されていたこともありました。ですが、最近になってEOS M6 Mark IIが発売されるなどして、まだ存続していきそうな雰囲気にはなっています。

そして、ここにきてEFマウントレンズの開発終了の可能性がでてきていることで、そもそも一眼レフが収束する形になってミラーレスに吸収されてしまうような可能性もでてきてしまいました。本体はしばらくは発売されるかもしれませんが、レンズラインナップについてはほとんど現状のままということにしばらくはなるのかもしれません。

どのようになるのか今後の動向に注目ですね。