ニコン Noct Nikkor 58mm f/0.95はツァイス Otusと戦える性能

 Noct Nikkorはかなり期待されているレンズですね。

 
 フォトキナにおけるニコンのDirk Jasparへのインタビュー
・58mm f/0.95レンズは最高の品質にすることを最終目的としている。それがオートフォーカス機能がない理由だ。
・58mm f/0.95は画像品質においてツァイス Otusに勝つことができることを望んでいる。
・長期的には一眼レフの世界はミラーレスが引き継ぐことになるだろう。

 ツァイスのOtusというレンズは世界で最高性能のレンズであると言われています。そしてその評価もかなり高いものがありますね。
 今回、ニコンがZマウントで発表するレンズは、通常のレンズと、レンズの中でも高性能のレンズをS-Lineとして区別しています。さらに、最も優れたレンズに与えられる名前がNoctで、今回は58mm f/0.95レンズの発売が発表されていますね。
 Noctレンズは手持ちで夜景が撮影できることを目指して開発されたと言われていて、その性能の高さからいまでも高値で販売されていたりする伝説的なレンズです。ニコンのレンズのシンボル的に意味合いのレンズでもありますので、Noctの復活の可能性がでてきたときに、海外のネット界隈ではかなりの話題になっていました。
 今回はNoctが世界最高のレンズ性能であると言われるOtusと十分に匹敵するレンズである可能性があるということで、そのあたり楽しみになってきましたね。ですが、たぶん金額的にもお高い金額ですから庶民には手が出るようなレンズではなさそうです。
 詳細は本記事下部の記事元リンクからどうぞ。


(記事元)http://www.nikoneye.com/nikon-z7-interview-nikon-58mm-f-0-95-should-beat-the-zeiss-otus-performance/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。