ニコン3月期決算 “中高級機へシフト” エントリーカメラはなくなるのか??

(記事元)https://www.nikon.co.jp/ir/ir_library/result/index.htm#y2020

ニコンが2020年3月期の決算を発表

ニコンが2020年3月期通期の決算について発表しています。画像クリックで拡大します。

発表によれば、ニコンの映像事業は新型コロナウィルスの影響をかなり受けているようですね。ミラーレスの販売で増収になったようですが、カメラの新製品の投入が遅れ、700億円もの減収になったようです。そしてカメラの販売についてはミラーレスやレンズの投入で、カメラの中高級機の割合がかなり向上したとしていますね。

映像事業に関してはかなりのリストラクチャーを実施するようですね。まずは販売営業費の削減、工場での人件費削減、そしてカメラ販売の中高級機へのシフトということがあげられています。典型的な経費削減、利益率向上のパターンですね。

そして今回の説明資料では、かなりのページ数を利用して3D金属プリンタについての説明がされています。このことから、ニコンが3D金属プリンタについて、かなり力を入れようとしているということがわかりますね。

<<下に記事が続きます>>


廉価機種は発売しない?

発表では明確にデジカメ工場の縮小について記述されています。海外工場で700名の人員を削減するようですね。そして製品開発に関しては製品を選別し、成長する領域にリソースをシフトするとしています。恐らく研究開発費、生産工場などを成長する分野のみに割り振るというようなことを考えているということが言えそうです。そして成長する領域へのシフトというのは、ミラーレスに注力するという意味ではないのかな?と思います。

そうなると、まず廉価コンデジなどについては、他社からのOEM/ODM製品はあっても、もうニコンから新製品は発売されないかもしれませんね。ただネオイチに関しては人気があるようですので、こちらの販売は続くと思われます。センサーサイズの大きな高級コンデジについても、ソニーが席巻している現在、ニコンが市場に参入するというのは、もうないのかもしれません。

気になるのは中高級機へのシフトというのが、どのレベルまで行われるのかということですね。例えば、今後は一眼レフ市場が縮小していくと考えると、Nikon D3x00シリーズやD5x00シリーズは中高級機ではないということで、製造を取りやめてしまう可能性もあるのでしょうか?そしてミラーレスに関しても中高級機のみの販売ということで、廉価なミラーレスの投入というのも考えられないということになるのでしょうか?

現在でも売れている機種は価格の安いAPS-CミラーレスやAPS-C一眼レフです。売上高や販売台数だけを考えるのならば、これらのカメラの投入は当然だと思います。ですが、利益率という観点からは期待できない製品でもありますので、このあたりをどのように考えているのか非常に気になりますね。

いずれにせよカメラ事業に関しては事実上の縮小という状態になりつつあり、他の成長事業について模索している最中のように見えます。今後のカメラ事業が非常に心配になります。

お知らせツイートしています

新着記事のお知らせツイートをしています。フォローしていただけると嬉しいです。
(Twitterページ)https://twitter.com/Nikon1Blog