オリンパスの次にカメラ事業を手放すのはニコンなのか?

 大手メーカーも安泰ではない。特に厳しいのが一眼レフカメラでキヤノンと双璧をなしてきた名門ニコンだ。ニコンは2020年3月期連結決算でデジカメを中心とした映像事業が171億円の営業赤字に初めて転落。好採算の一眼レフや交換レンズの販売が振るわないのが原因だ。

ニコンが厳しいのは市場環境のせいだけではない。縮小するカメラ市場の中でも人気が比較的高かったミラーレスカメラでの出遅れが響いている。小型軽量で高画質の写真が撮れるミラーレスは一眼レフカメラの需要を浸食し続け、2018年には国内出荷台数でついに一眼レフを逆転した。

一眼レフとの食い合いを恐れていたニコンが重い腰をようやく上げ、ミラーレス市場に本格参入したのは2018年のことだった。

だが、時すでに遅し。2019年のミラーレスの生産台数は首位のソニーが165万台に対して、ニコンはわずか28万台。ライバルのキヤノンも94万台を生産しており、ニコンの一人負けは鮮明だ(テクノ・システム・リサーチ調べ)。

ソニー、キヤノンという上位2社に対し、ニコンは6月にようやく一眼レフの最上位新機種「D6」を出したが、ミラーレスカメラでは出遅れが目立つ。損益面でも、2020年3月期と2021年3月期に合計100億円を投じて商品点数の絞り込みや生産拠点の再編、人員削減を進めている。

コロナで加速したデジカメ市場の縮小がこのまま進めば、現状のソニー、キヤノン、ニコンという3強体制は維持できない。現状の構造改革だけでニコンが事業を継続できるのか。オリンパスのカメラ事業撤退を機に、カメラ各社の帰趨が注目されている。

(記事を一部引用しています)
(記事元)https://news.yahoo.co.jp/articles/28373f9dbe86319593ec653a5cfafcb52ce30762?page=1

厳しいカメラ業界

東洋経済ONLINEがカメラ市場の状況について記事にしています。原文はかなり長い文章で、オリンパスやソニーについての記述もありますので、全文は記事元リンクからご覧ください。

記事によれば、カメラ市場の縮小と新型コロナウィルスの影響でカメラ市場はよりいっそう縮小していくとしています。そしてオリンパスは残念ながら映像事業が赤字続きで、カメラ事業からの撤退に前向きでなかった人もいたようですが、撤退を模索するような状況が続いていたようです。そして新型コロナウィルスが、ついにその背中を押してしまったというような状況になっていたようですね。

そしてソニーに関しては早くからミラーレスを投入し、レンズラインナップも拡充、イメージセンサーも関連会社で製造していることから、いまやカメラ市場のリーディングカンパニーになったとしています。

3強体制は維持できないことの衝撃

記事では、このままでは市場が減少し、ニコン、ソニー、キヤノンという3強体制を維持できないとしています。そして、いまの改革ではニコンが映像事業を継続できるのか疑問に感じているようですね。

カメラだけでなく最近は科学技術の発達で、様々な消費行動の変化があり、様々な企業の存続が難しくなっているという側面があります。身近なところでは、少し前までは至る所に家族経営的なガソリンスタンドがあったものですが、それも燃費の向上で需要がかなり少なくなったり、より低価格なセルフスタンドが台頭していて、小さなガソリンスタンドが閉店してしまったり、ガソリンの元売りが合併するような状態になってしまっています。

町の本屋さんなども、最近はネットで専門書を購入できたり、週刊誌的な記事についてもネットで閲覧できるということもあり、小さな町の本屋さんというのはかなり減ってしまっていますよね。

カメラ市場が小さくなると、当然、その市場から得られる利益が減るわけですので、その狭い市場に3社で製品を販売していると、どうしても利益を得られなかったり、赤字になってしまったりすることはあり得ると思いますね。現実にニコンは新型コロナウィルスの影響で2期連続の赤字を覚悟しなければならないというような発言をしています。

ソニーのような世界的な企業は資本的に安心でしょうし、キヤノンも複数の事業で活躍していますので経営的には安心かもしれません。そうすると、映像事業のシェアが高かったニコンが次に業界から撤退するような企業になるかもしれません。恐らくこの記事では、そのようなことを述べたいのだと思いますね。

ニコンは戦略的に比較的廉価なNikon Z 5やそのキットレンズを発売しています。いまはZマウントを広げることが重要だと思いますので、ここ1年ぐらいで発売されるカメラがニコンの将来の命運を担っているということが言えるのかもしれません。

お知らせツイートしています

新着記事のお知らせツイートをしています。フォローしていただけると嬉しいです。
(Twitterページ)https://twitter.com/Nikon1Blog