ニコン 今期500億円赤字と業績予想 第二のオリンパスになる可能性??

 ニコンが6日発表した2021年3月期連結業績予想は、純損益が500億円の赤字(前期は76億円の黒字)に転落する見通しとなった。通期の純損失は11年ぶりで、赤字幅は過去最大。経営責任を明確化するため、役員報酬を減額する。

デジタルカメラ市場の縮小に、新型コロナウイルス感染拡大を受けた販売低迷が追い打ちとなった。売上収益は前期比28.9%減の4200億円、本業のもうけを示す営業損益は750億円の赤字(同67億円の黒字)を見込む。

(記事を一部引用しています)
(記事元)https://news.yahoo.co.jp/articles/9b8388a7d1e48da35e8ea9d5044d08a96dc16282

ニコンが2020年度通期で500億円の赤字転落の見込み

JIJI.COMがニコンの今期の決算状況について報告しています。

記事によれば、ニコンが発表した2020年度(2020年4月~2021年3月)の業績予想として純損益が500億円の赤字になる見通しとなっているようです。かなり厳しい状況になっていることがわかりますね。

まず、売上げについてですが、前年度の約6000億円の売上げから約30%ほど売上げが減るだろうとしています。そして、利益に関しては前年度は76億円の黒字だったものが、750億円の赤字になるだろうと予想していますね。

この数字からわかるのは6000億円の売上げが4200億円になることで、大幅な赤字に転落するということです。1800億円の売上げが減ることで、およそ800億円の利益が減るという状況になっていることがわかります。いかにニコンがギリギリの経営をしていたのかがわかりますね。

500億円という衝撃の赤字額

この500億円というのは、かなり衝撃的な数字ですよね。このままで大丈夫なのでしょうか?

2020年3月期の決算では、現金や現金と同等の流動性の高い資産として、ニコンは約3200億を保有しているとしています。なので、短期的に問題となる可能性は低いかもしれませんが、同様の赤字幅が続くようであると、じわじわと内部留保がなくなっていってしまうのではないかと、素人ながらに心配になってしまいますね。

ソニー、キヤノンはまだ大丈夫かもしれませんが、カメラ、半導体露光事業以外に大きな柱のないニコンにとって、カメラ事業のタメージはかなり影響を与える可能性があるので非常に心配になりますね。

お知らせツイートしています

新着記事のお知らせツイートをしています。フォローしていただけると嬉しいです。
(Twitterページ)https://twitter.com/Nikon1Blog