シグマ フルサイズFoveonセンサー設計ミス 完全動作していない

センサーの開発を続けているが、いつ製品をリリースできるのかを約束することはできない。

問題は二つある。最初の一つは、フルサイズFoveonセンサーを製造するさい、いくつかの設計の失敗があった。私たちには複数の世代のフルサイズFoveonセンサーのプロトタイプがある。しかし、設計ミスが原因で完全に動作しているセンサーはない。だから、設計ミスを修正さなければならない。二つ目の問題は製造における課題があることだ。

(記事を一部引用して意訳しています)

FOVEONセンサーの現在は

ImagingResourceがシグマとのインタビュー記事を掲載しています。画像はSIGMA fpです。このインタビュー記事そのものは、かなり前に紹介されていたもののようですが、最近この記事の存在を知りましたので、あらためて取り上げたいと思います。

インタビュー記事では、フルサイズFoveonセンサーを搭載したカメラについての話題について触れられています。記事によれば、フルサイズセンサーとして設計したFoveonセンサーには設計ミスがあり、複数のプロトタイプを製造したか、しっかりと動作したセンサーはないとしています。それだけ設計、製造の難易度が高いのでしょうね。

もともとフルサイズのFoveonセンサーを搭載したカメラは、2020年に発売されるとされていました。かなり話題になっていたわけですが、残念ながら今年の2月にFoveonの量産化に見通しが立たないため、2020年内の発売は難しく、フルサイズFoveonセンサーを搭載したカメラの発売は白紙になり、事実上の無期限延期というような状況となっていました。

なので、フルサイズFoveonセンサーについては、このまま発売されることがないのでは?という噂もありましたが、この記事で述べられていることが正しければ、まだFoveonセンサーを開発しているということになりますので、その点では安心できる記事かもしれませんね。

(記事元)https://www.imaging-resource.com/news/2020/09/16/sigma-interview-covid-fp-lens-designs-fld-sld-glass-and-more

お知らせツイートしています

新着記事のお知らせツイートをしています。フォローしていただけると嬉しいです。
(Twitterページ)https://twitter.com/Nikon1Blog