株価 キヤノン、ニコン大幅安値 オリンパス高値 なぜ明暗わかれる??

ハイテク株が総じて下落する中、とりわけ、精密機器株の一角が売られました。デジカメ事業とオフィス機器事業の不振が顕著なキヤノン <7751> は値を下げて約21年8カ月ぶりの安値を付け(株式分割考慮後)、同じように事業構造改革が進まないニコン <7731> は約25年5カ月ぶりの安値となりました。

一方で、デジカメ部門をリストラし(投資ファンドへ売却)、得意とする内視鏡など医療機器事業に注力を果たしたオリンパス <7733> は上場来高値水準にあります(注:この日は下落)。それと比べると、上記2社は大きな後れを取ったと言えましょう。

(記事を一部引用しています)
(記事元)https://news.yahoo.co.jp/articles/f50d20434489ae27b47a5101949abbb73b314a6d

キヤノン、ニコンは安値、オリンパスは高値

LIMOがカメラメーカの株価について報告しています。

記事によれば、キヤノンは21年8ヶ月ぶりの安値となり、ニコンも25年5ヶ月ぶりの安値となってとしています。それに引き換え、オリンパスは上場来高値水準にあるということで、同じカメラメーカでもキヤノン、ニコンとオリンパスの明暗は分かれる形になっています。

ニコンとキヤノンについては、新型コロナの影響でデジカメ事業が低迷しているなかで、そのカメラの販売もソニーにシェアを奪われていってしまっていることが、市場からあまりよく思われていないのだと思いますね。

それに加えて、キヤノンの場合はテレワークの推進やペーパーレス化、今後の捺印の廃止も加わりOA機器などのオフィス機器事業に関しても先行きが不透明になっていることも影響していると思われます。ニコンは、カメラ事業と半導体露光装置の事業の比率が高いことと、半導体露光装置の販売も新型コロナウィルスの影響で問題が発生しているようですので、そのことが嫌気しているのだと思われます。

一方で、カメラ事業を譲渡するオリンパスが高値になっているというのは皮肉ですね。もちろんオリンパスの内視鏡などの医療事業が安定していることが大きいと思いますが、そのような中で、不安定要素であるデジカメ事業を切り離したことが市場では歓迎されているのだと思います。

こうなるとニコン、キヤノンもカメラ事業とは別の、もっと儲かる事業を新たにみつけたりなど、事業の構造改革が本当に求められることになりますね。そして、そのときオリンパスと同様にカメラ事業の売却ということもあるのかもしれません。このままでは不安になりますね。

お知らせツイートしています

新着記事のお知らせツイートをしています。フォローしていただけると嬉しいです。
(Twitterページ)https://twitter.com/Nikon1Blog