銀座からニコンサロンが消えるのは若い人が魅力を感じていないから??

 最近、意識的にニコンサロンに作品を応募しない人が出てきました。特に若い人にとってメーカー系のギャラリーがそれほど魅力的でなくなった理由は、自分の作品を写真表現のジャンルに納めたいとは思ってないからです。「俺の作品は写真じゃない、アートだと」。彼らにとって、ニコンサロンでやるということは、自分の作品が写真のカテゴリーに入ってしまうということで、困るわけですよ。同じイメージの作品が、アートというカテゴリーに区分されるかどうかで、写真の値段、ステータスに大きな違いが発生するという、商業的な環境ができてしまったということです。だから、現代美術の美術館やギャラリーでならやるけれど、「ニコンサロン?」みたいなことになっている。

現在は、そういう意味で公、私機関のギャラリストが絶大な力を持ってきています。そこで、ニコンサロンは、70年代の草創期のコンセプトから脱して、新しいコンセプトを確立する必要に迫られています。

(記事を一部引用しています)
(記事元)https://news.yahoo.co.jp/articles/9a12083d884272014f17eb31c13eac317a9f0259

苦境に立つメーカ系ギャラリー

AERA dot.がニコンサロンについての記事を報告しています。

記事によれば、ニコンサロンでは以前はメーカがスポンサーをしているという状態ではありましたが、展示内容には一切口だししないというような形で運営されていて、ニコンサロンで写真が展示されるというだけでステータスがあるような状況だったとしています。そのため多くの人がニコンサロンで写真を展示したかったようですが、現在は状況が異なっているのだそうです。

最近では民間の写真ギャラリーや美術館が写真企画を広く実施するようになり、必ずしもニコンサロンでなくともいいというような状況になっているようですね。

そして最近では、あえてニコンサロンに作品を応募しないという人が増えているそうです。その理由は、自分の撮影したものは写真ではなくアートだからとしています。つまり、写真ではないのでニコンが関与する写真展ではなく、美術館などが企画する写真に関する展示会や、アート展といったほうが自分の作品に好ましいということなのでしょうか?ニコンのギャラリー=写真という固定した観念があることが、問題をややこしくしている可能性がありそうです。

問われる「写真とは何か」という問題

いまではスマホが台頭し、画像処理技術も進化して、合成技術やデジタル的な画像調整などが簡単にできるような状況になっています。最新のスマホには、センサーから被写体の距離を測定できるLiDARが標準的に搭載されつつあります。スマホから被写体や背景までの距離を測定することができれば、ソフトウェア的に背景をリニアにボケさせることができるため、今後の技術次第では完全に背景ボケや前ボケを実現できることができるかもしれません。

さらに最近では撮影した画像からノイズを除去したり、色味を自分好みのような色に変化させたり、場合によっては人間の肌質を完全に変えてしまったりすることも可能になっています。

「写真」という前提では、どこまでの加工を写真とするかということが問題になる可能性がありますが、アートということにすれば撮影した画像をどこまでも加工しても、それに対して問題が起こることはありません。そうなると写真よりアートのほうが、より加工できる幅が広がることになります。

フィルムよりデジタルのほうが加工できる幅が広がっているわけですが、いわゆる「写真」では極端な加工は好まれない状況にあります。ですが、加工すればキレイになるのに加工しない(できない)のはおかしいという意見も一方ではあると思います。

写真とは何か、写真コンテストとしての写真はどのようなものでどこまで加工が許されるのか、といった問題が今もある一方で、だったら自由に加工してアートとして表現すればいいじゃないという意見があるのも理解できる感じがします。

メーカ系ギャラリーは、”若い人”にとってどのような立ち位置として見られているのでしょうか?

お知らせツイートしています

新着記事のお知らせツイートをしています。フォローしていただけると嬉しいです。
(Twitterページ)https://twitter.com/Nikon1Blog