ニコン 年度上半期320億円の赤字 予想より70億円悪化 大丈夫なのか??

ニコンは30日、2020年4~9月期の連結最終損益(国際会計基準)が320億円の赤字(前年同期は163億円の黒字)になったようだと発表した。従来予想(250億円の赤字)から70億円下ぶれる。映像事業の生産設備などで189億円の減損損失を計上。棚卸し資産の廃棄・評価損も発生した。

21年3月期の業績予想は売上高が前期比27%減の4300億円とした。4~9月期の上振れを反映し、見通しを100億円引き上げた。営業損益以下は予想を据え置いた。4~9月期は一時的な損失が発生したものの「足元の業績回復基調を踏まえた」(同社)としている。

(記事を一部引用しています)
(記事元)https://www.nikkei.com/article/DGXMZO65705530Q0A031C2DTD000/

ニコンの赤字幅が広がる

日本経済新聞がニコンの決算状況について報告しています。

記事によれば、2020年4~9月期の最終損益が、従来予想の250億円の赤字から320億円の赤字に拡大してとしています。ちなみに、前年は163億円の黒字でしたので、大幅に利益を失っている状態です。これはもう、新型コロナウィルスの影響が大きくででしまっていることを意味していると思いますね。

ちなみに2020年4~6月の四半期の最終損益は135億円の赤字でしたので、さらに115億円ほどの赤字が拡大しているということになります。それでも20億円ほど戻しているのは、朗報というるのかもしれません。

ちなみに、2020年4月~2021年3月までの最終損益は500億円の赤字を見込んでいるとしています。2020年度上半期で320億円の赤字ですので、500億円の赤字で済ませるためには、のこりの半年を180億円の赤字で済ませるしか方法がありません。

コロナの影響が大きく響く

他の記事では、ニコンが影響を受けている問題として、二つの問題があるとしています。

一つは新型コロナの影響で、旅行を自粛したり、学校の各種行事などの様々なイベントが自粛されたことで、カメラ需要が大きく減っているということです。海外の総合ネット通販会社では、コロナの影響で販売が減った商品として3位にカメラがランクインしているという事実もありました。そのため、日本でもイベント自粛がカメラを購入している人が減っていると考えられ、カメラメーカは苦戦しています。

そして、もう一つは同じく新型コロナの影響で、ニコンの技術者などが海外へ行くことが難しくなり、半導体露光装置を設置したりすることが難しくなってしまったことだと言われています。また新型コロナの影響で中国の工場が一時的に休止状態になってしまい、半導体露光装置の納入が進まないという状況もあったと言われています。

これらの事から、現在のニコンを支えている収入の柱のカメラ販売と半導体製造装置の両方が影響を受けてしまい、かなり問題になっているということが言えそうです。500億円というのは、かなり大きな数字ですよね。これが長期間にわたると、以前は流動性の高い資産が多いから短期的に問題になる可能性はないと言っていたと思いますが、本当に経営的に問題がでてくる可能性があります。オリンパスの二の舞にならないように願いたいところです。

お知らせツイートしています

新着記事のお知らせツイートをしています。フォローしていただけると嬉しいです。
(Twitterページ)https://twitter.com/Nikon1Blog