ニコン 今年度は750億円の赤字予想 デジカメ復調も莫大な赤字に

[東京 5日 ロイター] – ニコン<7731.T>は5日、2020年4―9月期の連結営業損益(国際会計基準)が466億円の赤字だったと発表した。前年同期は175億円の黒字。デジカメ市場はもともと縮小傾向にあった上、新型コロナウイルス感染拡大を受け低迷が続いた。ただ、コロナ影響による需要の落ち込みからは回復傾向にあるという。

売上高は前年同期比39.7%減の1756億円、純損益は315億円の赤字だった(前年同期は163億円の黒字)。デジカメ以外では、7月から据付作業を開始したFPD(フラットパネルディスプレー)露光装置は渡航制限の影響で据え付け数が限られた。半導体露光装置も顧客の投資一巡で販売台数が減少した。

(記事を一部引用しています)
(記事元)https://news.yahoo.co.jp/articles/71d3986f348b246ac97ab8067037694ca31eae41

ニコン、9月までの決算で大幅赤字

ロイターがニコンの決算について記事にしています。

記事によれば、今年度の4月~9月の連結営業損益は466億円の赤字だったそうです。前年同期は175億円の赤字ということですので、大幅に赤字が膨らんだ計算になりますね。

これらの原因は主に新型コロナの影響で、デジカメ市場が縮小しているうえに、さらに新型コロナウィルスの影響により低迷が続いたとしています。

そして、これまでの頼みの綱とも言えるような状況だったフラットパネルディスプレイ露光装置も、海外へ技術者を派遣することができず設置数が限られ、半導体露光装置についてもメーカの投資の一巡で販売台数が減少したそうです。

この状況からみると、カメラ事業と露光装置事業の両方とも低迷ということでダブルパンチになってしまっているようです。

今後は回復基調も問題は続くか

少し安心できる情報としては、新型コロナウィルスの影響による需要の落ち込みからは回復傾向にあるのだそうです。

そして露光装置関連は、今後については海外渡航も可能になることもあり、需要も堅調ということで、堅調に推移するだろうとしていますね。

回復基調であることや堅調に推移というのはいいのですが、それでも今年度は750億円の赤字ということで、とんでもない赤字が見込まれています。そして前年ですら赤字であったのに、今年度は新型コロナの影響に根本的な問題が隠れてしまっているだけで、来年度に黒字になるようなことがあるのかな?と思ってしまいます。

カメラの販売をみると、Zシリーズはランキング上位に連続して入っているような状況ではなく、少なくともソニーよりはランキングは下にあるようですし、キヤノンもいよいよ本気のEOS R5、EOS R6を発売したということで、カメラ事業は来年はさらに厳しいものになるのかな?と考えてしまいますね。ニコンはミラーレス市場で復権はあるのでしょうか?

お知らせツイートしています

新着記事のお知らせツイートをしています。フォローしていただけると嬉しいです。
(Twitterページ)https://twitter.com/Nikon1Blog