ニコンがミラーレスに消極的な理由 “社内に一眼レフ志向が根強い”

 一方、ニコンは一眼レフとの食い合いを恐れ、2018年にようやくミラーレスに本格参入。2019年のミラーレス生産台数はソニーの165万台に対し、ニコンは28万台しかなく、その差は歴然としている(テクノ・システム・リサーチ調べ)。ニコンと一眼レフでライバルだったキヤノンもカメラは苦しいが、7月に発売したフルサイズミラーレスカメラ「EOS R5」が高い評価を受けており、売れ行きは好調だ。

こうした中、ニコンも今年下期にミラーレスを一気に3モデル新投入し、プロ・ハイアマ向けとハイエンド商品群に注力する方針だが、ニコンが出遅れを巻き返すことができるのか懸念も残る。社内では世界を席巻した一眼レフ志向が根強く、今後は開発費や販促費をミラーレスへシフトしていくことも欠かせない。

(記事を一部引用しています)
(記事元)https://news.yahoo.co.jp/articles/8674f6266a2f65b8d9caafa557393a710de4c136

ニコンが赤字転落へ

東洋経済ONLINEがニコンの経営状況にいて報告しています。全文はかなり長文なので、詳細は記事元リンクからご覧ください。

記事によれば、ニコンが2020年4月から9月までの営業損益が赤字に転落したとしています。その理由はカメラ事業の業績が悪化しているからなのだそうです。今後のニコンの方針としては、売上高が減っても黒字をだせる体質にしたいということで、カメラの生産をタイに集約したり、販売会社を統合することで、コストを引き下げ赤字から脱却することを目指すとしているようです。

そして、そのカメラ事業が赤字になっているのはミラーレスへの参入に乗り遅れたからだとしていますね。当サイトでも何度もお伝えしていますが、ランキングでは常にソニーが上位にランクインしていて、ミラーレス市場で高いシェアを誇っています。キヤノンもミラーレスには遅れ気味という感じでしたが、満を持してEOS R5を発売して売れ行きは好調だとしています。

そしてニコンが新たな事業として期待している精機事業、医療事業などについても不安が残るとしています。精機や医療は期待できる事業かもしれないが、ニコンにとってほとんど知見がないので、ニコンがやる意味があるのか?ということが問われているようですね。確かに、場当たり的に儲かりそうな分野に手を出していると見えないこともありません。

ミラーレスには消極的?

記事の中で驚いたのが、ニコンの社内では、まだまだ一眼レフ志向が根強いのだとしています。記事では、今後は開発費や販促費をミラーレスへシフトしていくことが欠かせないという記述がありますが、このことから言えるのは、いまだにミラーレスへ開発費や販促費をシフトせず、一眼レフのほうに力を入れていると読むことが出来ます。

開発費が積極的にミラーレスに投入されていないということが本当なら、Nikon Z 6IIやZ 7IIは確実な進化をしているが他社より一回り遅れているというネットでの指摘はごもっともという感じがします。そしてショップにいってもニコンのミラーレスを見ることが少ないというネットでの指摘も、ミラーレスへの販促費に力を入れていないのなら理解できるところですよね。

ニコンはまだまだ一眼レフ優先でミラーレスは二の次という感じなのでしょうか?皆さんはどう思いますか?

お知らせツイートしています

新着記事のお知らせツイートをしています。フォローしていただけると嬉しいです。
(Twitterページ)https://twitter.com/Nikon1Blog