ニコンは日本のライカを目指せ!! は間違っているかもしれない理由

 フォトキナの終焉は、カメラ市場のヒエラルキーの崩壊を表している。カメラ・写真の世界は、プロカメラマンやプロ向け機材を頂点としたピラミッド構造になっていた。フィルム写真全盛だったころ、写真はまだまだ高度な技術を必要とする難しいものだった。そもそも撮影は、現像してみなければ写っているかどうかも分からない。とてもリスクが高い作業だった。

しかし、デジカメの登場から今日までの進化に加え、写メールからスマートフォンに続くカメラの流れは、決定的に市場を変えてしまった。写真が手軽で身近なものへと「民主化」が進んだ。もはやプロはあこがれの存在ではなくなり、プロ機材も「いつかは手に入れたい」と思うほどの存在でもなくなった。

ライカは、こうしたヒエラルキーの象徴的ブランドともいえる。世界的には、販売台数の8割以上が日本メーカーで占めるデジカメ市場。しかし、ライカというブランドは別格だ。異論は多いだろうが、数あるカメラメーカーの頂点にライカを置くと「座り」が良かった。ライカを生んだのがドイツだ。そのドイツで開かれるカメラの見本市こそ、世界の頂点ともいえるカメラの祭典、という位置づけだったわけだ。

しかし、現地ドイツですら、ライカのブランド力は弱まっている。それ自体知らない若者も増えているという。ライカは、とっくの昔に憧れのブランドではなくなってしまったのだ。

(記事を一部引用しています)
(記事元)https://news.yahoo.co.jp/articles/dd5e17d1f6632485f79526f29ba1ffb8df0003a2

世界的なカメラ展示会が終了

BCNがフォトキナの事実上の終了について解説しています。

ドイツで開催される絵カメラや映像関係の世界で最大の展示会の一つであるフォトキナが、本来予定されていた来年の開催を断念したということが報道されました。来年以降については明言されていないものの、これは事実上のフォトキナの終了だと思われていますし、そのような報道が多くあります。フォトキナの運営元は、これらの報道について反応を示していないようですので、事実上の終了だということで間違いないだろうと思いますね。

フォトキナはドイツで隔年で開催されていたのですが、ある時期から毎年5月に開催することに変更されていました。ですが、日本では毎年2月に、同様に世界最大級レベルの展示会であるCP+が開催されることから、展示内容がほぼ同じになってしまうですとか、これは特に日本メーカに言えることですが、日本からドイツまで行って莫大な資金を投入してブースを設置するメリットがないということもあるようで、ニコン、オリンパスなどはフォトキナへの出展を見送ると声明を出していました。これは新型コロナウィルスの影響が顕著になる前のことです。

その結果、一眼レフではまだまだ存在感のあるニコンや、ドイツの有名メーカであるライカが出展しない展示会に何の意味があるのか?といった声もありましたが、結局は新型コロナウィルスの影響に背中を押されるような形で事実上の終了になってしまいましたね。

カメラ市場の縮小、ライカのブランド力も弱まる

ライカというとカメラを趣味としている人なら、恐らくは誰もがいちどは聞いたことがあるような高級カメラメーカとしての認識があると思います。例えば、LEICA Q2とかは70万円ぐらいもする超高級品です。なので、ライカを所有しているという所有欲をかき立てるような商品でもあるのですが、記事によればドイツですらライカのブランド力が落ちてきているのだそうです。

ブランドと価格の関係ですが、一般的には有名ブランドのほうが、同じような製品を発売していても価格が高めになる傾向があります。ブランドとして有名なので、消費者としては多少高くても安心して購入できるということもあるでしょうし、メーカとしてはブランドとして有名なので多少高くしても売れるという関係になっているのだと思います。

その良い例がドラッグストアなどで販売されている薬で、例えば虫刺されの薬などは、中身がほぼ同じなのに有名メーカの製品の価格は高く、あまり有名でないメーカのジェネリック的な製品は比較的廉価で販売されていたりします。カメラもライカというだけで、ブランド力があるので高めの価格に設定できていたということもあるのでしょうね。

ですが、上記の記事のようにブランド力が、もし弱まっているとしたら、それだけ高い価格を維持するということも難しくなると思います。今後はライカとしてはブランド力をどれだけ高く保てるかが重要になると思いますね。

そして、ニコンはミラーレスはもう無理だから高級な一眼レフに特化してライカのようになればいいという意見もネット上で散見されます。それも一つの手だとは思いますが、上記のようにライカのブランド力が低下し、その競争力が低下して高額な製品が売れなくなってしまうようなことがあるとしたら、同じ路線を仮にニコンが進んだとしても同様の道を辿ってしまうと思いますので、あまり良い方法ではないのかもしれません。

カメラ市場は縮小しているわけですが、スマホにはより高機能なカメラの搭載が求められています。製品としてのカメラの市場は縮小しても、よりキレイに撮影したいという需要が減っているわけではありません。これまでのカメラメーカの見識を活かして、カメラを趣味としている人ではなく、スマホなども含めて撮影を趣味としている人にフォーカスする製品というのが必要なのかもしれませんね。

お知らせツイートしています

新着記事のお知らせツイートをしています。フォローしていただけると嬉しいです。
(Twitterページ)https://twitter.com/Nikon1Blog

面白い記事だなと思ったら、以下のfacebook、twitterのボタンからシェアいただけると嬉しいです。