キヤノンが他社にイメージセンサー供給??という記事も一眼用ではない模様

数日前、キヤノンがイメージセンサーをソニーがしばらくのあいだ行っていたように、サードパーティーに販売しはじめるだろうという報告をした。いまキヤノンは、ちょうどCMOSセンサーを他社に販売する専用のWebサイトを立ち上げた。

(記事を一部引用して意訳しています)

キヤノンが他社にイメージセンサーを供給?

PhotoRumorsがキヤノンのイメージセンサー事業について報告しています。画像は引用した記事とは無関係の半導体ウエハの画像です。

記事によれば、キヤノンがイメージセンサーを販売するサイトを立ち上げたとしています。つい最近、キヤノンがそれまで自社専用に製造していたイメージセンサーを他社にも供給するのではないか?と言われていましたが、どうやらそれが本当だったということになりそうです。

では、それはどのサイトなのか?ということですが、どうやら以下のようなサイトのことを述べているようです。

(記事元)https://asia.canon/en/business/web/cmos-image-sensors

一瞬、おっと思ったのですが、キヤノンは日本でも同様のサイトをすでに開設しています。

それが以下のようなサイトになります。

(記事元)https://cweb.canon.jp/indtech/cmos/

このようにすでにキヤノンを他社にイメージセンサーを提供していて、別に驚くような内容ではありません。なので何を持って驚いているのかがよくわからないのですが、どうやら新たに登録された新センサーがスチル用やハイブリッドカメラ用のセンサーではないか?と記事元の作者は考えているようですね。それが以下の4つのセンサーになります。

(記事元)https://asia.canon/en/business/web/cmos-image-sensors

スチル用やハイブリッドカメラ用ではないセンサー?

サイトのセンサーをみると以下のような4つのセンサーになっているようです。

・2億5000万画素 APS-Hセンサー
・1億2000万画素 APS-Hセンサー
・500万画素 超高速グローバルシャッター 2/3インチ 120fpsセンサー
・210万画素 高ダイナミックレンジ 1/1.8インチ 60fpsセンサー

というわけでみてみると、産業用のカメラや防犯カメラなどに利用されるセンサーなのではないのかな?と思いますね。超高解像度のセンサーは、様々な製品の製造過程で入るゴミとか、製造上の不具合を検知するようなセンサーに使われたり、高いfpsのセンサーについては監視カメラなどのようなもので利用し、たぶんAIを利用して顔を識別したりするようなものに使われるセンサーのように見えます。

なので今の段階で、なぜキヤノンがセンサーを他社向けに発売するといった内容を記事にしているのか、いまいちちょっとよくわかりませんでした。何かあるのでしょうか?

ですが、キヤノンがミラーレスカメラや一眼レフで利用している内製のセンサーを他社に発売するとなると、話は面白くなってきてくるので、ちょっと期待してしまいますよね。本当に産業用のセンサーのみの供給で終わるのでしょうか?将来的に一眼レフ、ミラーレス用のセンサーも他社に供給する可能性はあるのでしょうか?

(記事元)https://photorumors.com/2020/12/10/canon-is-now-selling-image-sensors-to-third-parties-just-like-sony/

お知らせツイートしています

新着記事のお知らせツイートをしています。フォローしていただけると嬉しいです。
(Twitterページ)https://twitter.com/Nikon1Blog

面白い記事だなと思ったら、以下のfacebook、twitterのボタンからシェアいただけると嬉しいです。