ニコン APS-C用Zレンズ需要を認識 AKM工場火災の影響にも言及

Zシリーズ用のDXレンズにさらに取り組む予定はあるのか?現在、ニコンは2本のDXレンズがあり、そして1本のレンズがロードマップ上にある。いくつかのさらなるプライムレンズやズームレンズは必要か?

私たちは適切に対応するために、常に市場のニーズを評価している。さらなるDXフォーマットレンズの需要があることを認識している。レンズラインナップ戦略はつねに更新され続けており、さらなるDXフォーマットレンズも進行している最中だ。

Z 6IIとZ 7IIの更新は比較的にマイナーチェンジだった(デュアルカードスロットその他)。これで新しいユーザを引きつけるのに十分だと確信しているのか?

Z 7IIとZ 6IIの両方のモデルは、Zマウントシステムという確かな基盤に基づいて構築され続けているモデルだ。私たちはこれらのモデルを、プロフェッショナルカメラマンを含む多くのユーザからのフィードバックをもとに開発している。カメラシステムの一貫した進化により、カメラは手に馴染み、取り扱いやすさと形状のさらなる改善によるおかげで、よりいっそう手に馴染みやすいものになっていることを表している。繰り返しになるが、リリースされたこれらのモデルは安定した販売が見られている。

最後に、ニコンは日本のAKMセミコンダクターの火事で供給が少なくなっている影響を受けているか?

サプライチェーンの問題で、一部のデジタル一眼レフおよびFマウントレンズの生産に影響が及ぶ可能性があると予想している。

(記事を一部引用して意訳しています)

ニコンヨーロッパとのインタビュー記事

AmateurPhotographerがニコンヨーロッパの取締役とのインタビュー記事を掲載しています。なかに面白い内容がありましたので、一部を引用してご紹介します。全文は記事元リンクからご覧ください。

記事で興味深い部分は上記で引用した内容になるわけですが、それぞれかいつまんで記述してみます。

まずニコンは常にレンズロードマップを更新しているため、今現在は実際に販売されている2本のZマウント採用のAPS-Cミラーレスレンズの他に、レンズロードマップに掲載されている1本のレンズとは他にも発売される可能性があるとしていますね。APS-Cミラーレス用のレンズのニーズがあることを認識しているということで、市場にニーズがあれば発売する可能性があるということなのだと思います。

そして、Z 6IIとZ 7IIは、それぞれ旧機種と比較して更新された部分が少なかったのではないか?ということも指摘されています。このことについては、ユーザからのフィードバックを元に開発していて、そしてこれらのモデルは販売以来安定して売れているとしています。

先日、日本の旭化成マイクロシステム(AKM)の延岡工場のLSI製造工場が火事になりました。その工場は世界でも有数のLSIを製造する工場で、日本の各メーカも旭化成マイクロシステムの製品を利用している可能性が高いことから、日本の各カメラメーカも影響を受ける可能性があるのではないか?と言われています。このことを質問しているわけですが、インタビューでは一眼レフとFマウントレンズに影響がある可能性があるとしていますね。

当たり障りのないインタビュー?

インタビューの内容を単純にみると、ニコンはAPS-Cミラーレス用のレンズもこれから拡充する可能性があるのか?とかZシリーズはそこそこ堅調に売れているのだな?という印象を持つと思います。ですが、よく読むとそう明言しているわけではなく、レンズについては単に需要があることは知っているしけどニーズがあれば発売するよ程度のことしか言っていないし、Z 6IIとZ 7IIがマイナーチェンジだったことについては、ユーザの意見を取り入れたものでそれなりに売れているよと、まともに返答したような返事にはなっていません。

ニコンヨーロッパの取締役ということで、主に販売に関する仕事がメインなので開発などについては、恐らく多くの情報はもっていなくて、それで、このような返答にならざるを得なかったのかな?という印象を持ちました。

ただ、一つ確かなことがわかったのは、旭化成マイクロシステムの工場火災の影響は一眼レフとFマウントレンズのみに影響が限定されるようです。インタビューの返答では一眼レフとFマウントレンズと述べていますので、ミラーレス一眼とZマウントレンズについては影響ないということになりますよね。

ですが最近のZ 6IIはかなりの供給不足になっています。例えば価格.comの調査では、26ショップ中、19ショップで在庫なしの状況になっており、供給が足りないのか、需要が旺盛なのかはともかく、市場に製品が投入されていない状況が明らかになっています。

なので、旭化成マイクロシステムの火災の影響を受けているのでこのような状況になっていると思っていたので、どうやらミラーレス関連への影響はないというのが意外でした。まさか、わざと影響がないように振る舞っているということはないと思いますが、それならなんでZ 6IIの供給が不足しているのか、少し疑問という感じがします。

(記事元)https://www.amateurphotographer.co.uk/latest/photo-news/nikon-sales-steady-more-dx-lenses-for-z-series-coming-dslr-lens-supply-issues-144212

お知らせツイートしています

新着記事のお知らせツイートをしています。フォローしていただけると嬉しいです。
(Twitterページ)https://twitter.com/Nikon1Blog

面白い記事だなと思ったら、以下のfacebook、twitterのボタンからシェアいただけると嬉しいです。