危機的カメラ業界 キヤノン、富士、シグマが残り ニコン存続は五分五分の予想

キヤノンとニコンは主要なデジタル一眼レフ市場から去った。彼らの勝機は、今ではミラーレスにかかっている。このことは長い間証明されていない。キヤノンとニコンがカメラから離れて、どれだけ多様化できるかに大きくかかっている。高価なカメラを購入する平均的ユーザは、新型コロナウィルスのパンデミックにより大打撃を受けてしまった。社会的な行事、結婚式、長期休暇、旅行・・、それらがすべて元に戻るまでにはかなりの時間がかかることになるだろう。その間に、職業カメラマンはひどい状態を過ごすことになった。ソニーのFX9を購入できる立場の人はもちろん、2021年には仕事がある人はさらに少数になっていくだろう。2020年に起きたことは、すべての人から撮影する理由を奪い、そしてステイホームするさらなる理由を与えることになった。スマートホンもさらに良くなり続けるだろう。

・ パナソニックはLマウントカメラの販売方針を変えないかぎり、厳しい状況を進むことになるだろう。マイクロフォーサーズを軽視してフルサイズ市場に向かったことは間違いだったのか?NO。コントラストAFで5年遅れで参入したことが間違いだったのか?YES。
・ リコー/ペンタックスはオリンパスと同様な出口に向かうかもしれない。それはペンタックス製品にとって結果的に上手くいくことになるかもしれないし、完全に特色もなく終わるかもしれない。すべては経営陣の決定と、どれだけ投資できるかにかかっている。カメラ業界での一般的なカメラ市場で生き残ることはよく見えないが、ペンタックスがもしハイエンドな光学ファインダーを好むユーザの、クラシックなデジタル一眼レフの世界のライカになることができれば、それは有力なニッチ市場になるかもしれない。
・ニコンは主要な事業に大きな課題がある。彼らが生き残るのは私の見立てでは50-50だ。私は90%の確率で2025年にはカメラ市場の中で小さなプレイヤーになると確信している。ニコンがどのような舵取りをするのか見てみよう。それは今では確かな予測をすることは難しい。ニコンの経営陣は、ここ数年間うまく舵取りを行っておらず、それは良くないように見える。
・ミラーレスカメラはソニーの株主にとっては大して重要ではないと思う。残された市場の将来の可能性や成長性については十分ではない。ソニーはサムソンと同じことをするかもしれない。

私の意見では、このことからキヤノン、富士、シグマが長期的なカメラ市場の主要なリーダになり、ライカは現状のままになるだろう。

(記事を一部引用して意訳しています)

危機にあるカメラ業界次に何がおこる?

EOS HDがカメラ業界の将来について予想しています。記事はもっと長文で詳細なので、全文は記事元リンクからご覧ください。

記事では各カメラメーカの動向ついて詳しく記述しています。キヤノンは主要事業はもうカメラから脱却すつつあるし、富士フイルムもワクチンや化学製品分野で活躍しており、ソニーはセンサーやその他の売上げがあり、シグマは先見の明のある経営者により運営され順調だとしています。ライカも基本的には現在と同じ道を進んでいくので安泰だろうとしていますね。

逆に、パナソニックはLマウントでうまくできておらず、厳しい市場なので会社経営そのものは良好だがカメラ事業は厳しい状況だとしています。そしてニコンは事業全体で厳しい状況で、ニコンにとってカメラ事業は小さくなるかもしれないとしていますね。

存続が五分五分のニコン

記事ではニコンについてかなり厳しい評価をしていて、ニコンがカメラ市場の中で生き残る確率は五分五分としています。読み方にょっては、ニコンの各事業がそれぞれ厳しいので会社の存続そのものが五分五分というようにも読み取れます。

現在、ニコンは3Dプリンタなどの精機事業や、今後は伸びしろがあるとみられる医療関連事業に参入していますが、それが主要な事業になるにはまだまだ時間がかかりそうです。そのため赤字が続くようであれば、会社の経営的にはかなり問題になるので、カメラ事業にかまっていられなくなるというオリンパスと同じ状況になる可能性は十分にあると思われますね。

そしてソニーに関してですが、ソニーはかなり大きな会社なので魅力的でない市場に見切りをつける可能性があるとしています。つまり、利益がでなくなったらソニーはミラーレス市場から撤退するという可能性があるかもしれないとしていますね。これは大胆な予測です。

そして、最後に残るのはキヤノン、富士フイルム、シグマだけになり、ニッチになったデジカメ市場で生き残るのはこれられメーカだけになるかもしれないとしています。確かにこれまでの流れをみると予測通りになる可能性もあるのでかなり心配になりますね。

個人的には新たなゲームチェンジャーをカメラに持ち込むしかないと思っています。仮にニコンが復活するとしたら、Zマウントを切り捨てて、新しい湾曲センサーを導入して、いまのミラーレス市場をガラガラポンしていちから新フォーマットを立ち上げるぐらいしかないのかな?という印象ですね。

(記事元)https://www.eoshd.com/news/camera-industry-is-in-crisis-what-happens-next/

お知らせツイートしています

新着記事のお知らせツイートをしています。フォローしていただけると嬉しいです。
(Twitterページ)https://twitter.com/Nikon1Blog

面白い記事だなと思ったら、以下のfacebook、twitterのボタンからシェアいただけると嬉しいです。