経営的に厳しいニコン 厳しい状況だからこそいい製品が生まれる可能性

ニコンをとりまく厳しい環境

ニコンについて暗いニュースばかりが目につきます。ニコンの主要事業である半導体露光装置やカメラ事業が、新型コロナウィルスの影響で大きなダメージを受けて今期は大幅な赤字に転落する予測となっています。

ニコンの事業はもともと他のカメラメーカと比較してカメラ事業の比率が高く、また他のカメラメーカと違って大きな柱となる事業が少ないため、経営基盤は脆弱だと思われてきました。そして主要事業の一つである半導体露光装置についても海外メーカにシェアを奪われ、しかもこちらも新型コロナウィルスの影響で設備の設置をすることができず、二つの柱を奪われた結果、経営的にかなり厳しい状況にたたされています。

そのため同じカメラメーカであるオリンパスのように、カメラ事業を手放すときが来るかも知れないと言った予想をする人もおおくでてくるような状況です。

ですが、ピンチの今こそチャンスに変えることが必要だと思います。ニコンにはそれが可能だと思いますし、いまだからこそできることがあると思います。

必要は発明の母

ちょっと回り道になりますが、少し関係ない話をさせてください。

保存食はなぜ生まれたのか

まったく関係ない話になっちゃうのですが、例えば食べ物の話。野菜や魚などには旬があります。なので時期によって大量に取れるのですが、そのままだと食べきれずに腐ってしまったりしてしまうといった問題が発生します。そこで、どうするか?というと何とかして保存して、その材料を長いこと食べることができるようにしようとするわけですよね。

例えば、魚だったら干物、塩漬けにして腐りにくくしたり、野菜なども乾物にしたり、塩漬けにしたりして、なるべく長持ちさせようとするわけです。

変わったところだと、例えば紅ショウガなどは7月の梅雨明けで出来上がる梅干しの残りのつゆである梅酢を保存しておいて、同じような時期にとれる生姜を少し干して漬け込むことで紅ショウガとして保存性を向上させたりしています。同じように、その後の季節の夏野菜のみょうが、キュウリ、なすを塩漬けして発酵させ、梅酢を加えると柴漬けになったりします。

そしてその結果、それ単体で食べるのとは別の味わいの料理だったり、よりいっそうのうま味がました材料が生まれることになりました。

これらは季節によって大量に取れる材料をなんとかして少しでも長持ちさせようということが強く影響していた結果、様々な試行錯誤を経て、いまでも美味しい料理や料理法として継続して残っているのだと思います。

今だったら温室栽培とか、冷凍保存とかありますので、材料をそのまま加工せずに長期保存できたり、季節関係なく需要を満たすような栽培ができる方法があります。いまのような保存技術が過去にあったら、干物とか、紅ショウガとか、漬物とか、そのような調理法を利用した食べ物というものは、すべてとはいいませんが一部の食べ物は、今の世の中になかった可能性もあるのかな?と思います。

危機感や制限が新しい発明につながる

いま世界で1位2位を争う自動車メーカになっているトヨタも、次に潰れるのは自分の会社かもしれないということで危機感を露わにしています。将来的にカーボンニュートラルを目指す社会になるのであれば、電気自動車や燃料電池車に移行するしかないわけですが、精密な加工が必要なエンジンやトランスミッションといった部品が必要なくなり、モーターだけで済むようになると、それこそ新興国の新興企業でも簡単に車が作れるようになり、かつて世界を席巻していた日本のテレビのように、簡単に他社にとって代われてしまう可能性もあると考えているのだと思います。

そのためトヨタなどはハイブリッドから電気自動車、燃料電池車など様々なラインナップを揃えることで、どのような方向に進んでも対処できるような方向を進んでいますし、いまから様々な技術に開発をしています。

いまだからニコンができること

ニコンに足りなかったのは、そのような必要性や危機感なのではなかったのでしょうか?一眼レフで世界シェアでキヤノンに続き2位という立場でしたし、地域によっては1位という立場でしたので、安泰と思っていたのだと思います。ですが、思ったよりはやくミラーレス化の波がやってきて、あっという間に出遅れてしまい現在のような状況になってしまっています。たぶん緩やかにミラーレスに移行すると考えていたのだと思いますが、想像よりはやく移行しているようですね。

いまたぶん多くの人はニコンが風前の灯火になっているように見えているかもしれませんし、ニコン自身もかなり焦っているかもしれません。この危機感をどのように考えるか?、そしてこの危機感をどう経営や製品の開発に活かすのかということが、ニコンの今後を決定的にするものではないのかな?と個人的に考えています。

上記で記述したように、何かしらの制限があったり、何かしらの危機感があることは、それを理由として企業、人を動かす強烈な動機にもなり得ます。カメラ事業がやばい、ミラーレスカメラの販売も思わしくないということになれば、何とかしなければならないということで、様々な施策を考える必要がでてきます。それも、お金、時間もないなかで早急にの結果をださなければなりません。

たぶんニコンで働く人の多くも、同じような危機感を持っているはずで、同じように自分ならこういうカメラを作りたいとか、こういう機能が欲しいとか、こうしたらもっとよくなるという意見を、今まで以上に強い思いをもって考えている人も多いと思います。

ピンチの今だからこそ、より高い危機感を持ってよりよい製品を作りたいと思う人が多くでてくると思いますし、その結果、それができる可能性が高まると思います。

あとは経営者側の判断になると思いますので、この危機感があるなかで、経営者側がどのような判断や経営方針を打ち出すことができるのか非常に興味がありますし、思い切ったよりよい経営判断を決断することを望みたいと思いますね。

お知らせツイートしています

新着記事のお知らせツイートをしています。フォローしていただけると嬉しいです。
(Twitterページ)https://twitter.com/Nikon1Blog