キヤノン 新事業売上40%まで高める方針 カメラの優先度は低下か??

キヤノンの御手洗冨士夫会長兼社長最高経営責任者(CEO)は5日、日本経済新聞の取材に対し、監視カメラや医療機器などの新規事業が連結売上高に占める比率を2025年12月期までに「40~45%まで高めたい」と語った。19年12月期実績では25%だった。これに向け、4月に事業部門などを新たに4つのグループに再編して成長を加速させる考えを示した。

(記事元)https://www.nikkei.com/article/DGKKZO67910020V00C21A1TJ2000

キヤノン 新事業へ注力の方針

日本経済新聞がキヤノンのCEOとのインタビュー記事を掲載しています。

記事によれば、キヤノンは今後は新規事業の売上高に占める比率を、2025年12月期までに従来の25%から40~45%まで高めたいとしているそうです。これから5年後までにということになりそうです。

新しい事業として考えているのは、医療機器、監視カメラ、有機パネル製造装置、商業印刷の4事業だとしています。そして、事業もこれらの事業を軸にした4つのグループに再編するとしています。

4つのがループのうち光学機器部門は、カメラとソフトを組み合わせた監視カメラ、車やロボットの自動運転に利用するカメラやソフトなど取り扱う部門になるそうです。いまのカメラ事業は、恐らくこの部門に取り込まれるような形になり、監視カメラやセンサー技術など新技術の開発に注力するような形になると思われますね。

相対的にカメラ事業の重要性が低下していくか?

新規事業の比率を高めていこうということになれば、必然的に既存の事業に関する投資は少なくなるはずです。そうなるとミラーレスや一眼レフなどのカメラ事業に関する投資を少なくなっていく傾向になると思われますね。カメラ事業を取りやめるということはないと思いますが、様々な優先順位をつけるときに、カメラに関する事業はその優先度が低くなってしまう可能性が高いと思います。

個人的にはEOS Kiss MIIが発売されたことで、EF-Mマウントの存続はほぼ確定的になったのではないかな?と思っていました。ですが、最近はRFマウント採用のAPS-Cミラーレスの噂も続々と出てきています。そして、今回のカメラ事業に関してのリソースが削られる可能性があると考えると、新しいAPS-Cミラーレスに関してはRFマウントに集約してスリム化しようと考えても理解できるところでもありますよね。

このキヤノンの事業再編によってカメラ事業がどのような位置づけになるのか、興味があるというか少し心配になりますね。

お知らせツイートしています

新着記事のお知らせツイートをしています。フォローしていただけると嬉しいです。
(Twitterページ)https://twitter.com/Nikon1Blog

面白い記事だなと思ったら、以下のfacebook、twitterのボタンからシェアいただけると嬉しいです。