ニコン キヤノンもフルサイズで前年割れ ソニー好調 巻き返しなるか?

 各社とも難しい状況のようです。

 レンズ交換型デジタルカメラのうち、フルサイズセンサー搭載モデルの販売台数は2018年10月、前年同月比118.4%と4か月ぶりに前年を上回った。原動力はミラーレス一眼の拡大だ。9月以降、構成比が一眼レフを上回り、勢いを増している。特に前年比243.7%と、10月にはこの1年で最大の伸びを記録したソニーの好調が大きい。競合2社のマイナスをカバーしてフルサイズレンズ交換型デジカメをプラス圏に押し上げた。
 
 9月にニコンが「Z7」、10月にキヤノンが「EOS R」と、それぞれ新マウントをひっさげてフルサイズのミラーレス一眼を発売。両社とも激しく縮小する一眼レフをミラーレス一眼で食い止めようとしているが、10月時点ではまだ、フルサイズレンズ交換型デジカメで、両社ともマイナスが続いている。
 
 キヤノンは最悪期の8月、前年比48.2%まで落ち込んでいたが、EOS Rを10月25日に発売した効果が出て10月は93.8%と大きく改善。プラス圏は目前だ。ニコンは5月以来前年割れが続いており、10月でも72.9と2ケタ割れにとどまったまま。しかし11月23日に比較的手ごろな価格の「Z6」をリリースしており、年末商戦への期待はつながっている。メーカー別では、10月にキヤノンがソニーからトップを奪還。キヤノンは17年10月に5割のシェアを誇っていただけに、伸びシロはまだまだありそうだ。
 
(記事を一部引用しています)

 上記の記事によれば、フルサイズ一眼レフ、フルサイズミラーレスでニコン、キヤノンは前年割れで、回復の兆しがないようです。キヤノンはEOS Rで回復しつつあり、ニコンは本命のNikon Z6があるということで、今後どのようになるのか心配なところですね。

 今回の製品の発売については、ニコンのミラーレスカメラを発売するとしたティザー広告が1ヶ月間あり、その後に本命のZ6の発売までさらに1ヶ月ということで、実質2ヶ月ほど購入まで待たされた格好になりました。フルサイズ一眼レフは高価ですので、購入しようと思っていた人も、念のためミラーレスのZ6がどのようなレビュー評価を得られるのか確認してから購入しようと考えていた人も多いと思われますね。

 なので、様々なマイナス的な側面もあったと考えられるわけですが、フルサイズ市場は製品が高価なので極めて狭い市場であることには間違いなく、ここで主導権を握れたとしても、どのぐらい利益を得られるのかはちょっと不透明なところがあり、今後は恐らく価格競争になっていくと思われますので、今後が大変なことになりそうだと少し心配してしまいます。

 詳細は本記事下部の記事元リンクからどうぞ。


(記事元)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181125-00094555-bcn-sci

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
お名前、メール、ウェブサイトの入力は必須ではありません。