ニコン 交換レンズ売上げランキング ベストテンに1本も入らず

ニコン 交換レンズ売上げランキング ベストテンに1本も入らず

 11月16日~30日のランキングのようです。

 キヤノンのフルサイズミラーレス機「EOS-R」マウントのレンズが1位と3位。「EOS-R」はボディレンズキットでの販売がない。レンズが売れていることから、ボディの販売も好調なのがうかがえる。ニコンのフルサイズミラーレス機「Z6&7」の方は、まだ対応レンズが十分に発売されていない情況。ニコンZユーザーの多くは、ボディ+レンズアダプターキットを購入し、手持ちの一眼レフ用レンズで楽しまれているということか。キヤノンEOS Rユーザー「新しいボディには新しいレンズ」、ニコンZユーザー「とりあえずレンズは手持ちで」、ソニーαユーザー「レンズ選択肢が多くて幸せ」。
 
第1位 キヤノン RF24-105mm F4L IS USM
第2位 タムロン 28-75mm F2.8 DiⅢ RXD(ソニーEマウント)
第3位 キヤノン RF35mm F1.8 MACRO IS STM
第4位 キヤノン EF70-200F2.8LISⅢ
第5位 ツァイス Batis 2/40 CF E-mount
第6位 ソニー  FE 24-105mm F4 G OSS
第7位 ソニー  FE 70-200mm F2.8 GM OSS
第8位 ソニー  FE 16-35mm F2.8 GM
第9位 キヤノン EF100-400mm F4.5-5.6L IS Ⅱ USM
第10位 シグマ  60-600mm F4.5-6.3 DG OS HSM | Sports (キヤノンEFマウント)
 
(記事を一部引用しています)

 ソニー好調です。ヨドバシカメラ、レンズ交換式カメラの交換レンズの売れ筋ベストテンが発表になりました。ほとんどがソニー用とキヤノン用で占められ、ニコン用は1本もランクインしませんでした。

 キヤノン用では一眼レフのレンズも入っていますが、1位と3位にフルサイズミラーレス用のレンズが入っているのが特徴的です。ソニー製はもちろんミラーレス用ですが、それもフルサイズ用で占められており、交換レンズではフルサイズミラーレス用の交換レンズがかなり売れていることがわかりますね。

 ですが、ランキングの集計期間が11月30日までですので、ニコンのフルサイズミラーレスの本命であるNikon Z6の発売日からの集計期間が短く、ニコン用レンズがランクインできなかった可能性もあります。またキヤノンはキットレンズ製品がありませんので、必ずレンズも購入する必要があります。標準ズームがランクインしているのは、そのおかげもあるでしょうね。ですので、ニコンの場合には標準ズームはキットレンズになっていますので、ランクインするとしたら単焦点レンズしかありません。今後のランキングが気になるところです。

 しかし、ソニーはレンズもかなり売れているのですね。新しくフルサイズミラーレスを購入する人は機能や価格的に魅力があるソニーを選択し、さらにレンズを購入している可能性も高そうですね。

 詳細は本記事下部の記事元リンクからどうぞ。


(記事元)https://capa.getnavi.jp/news/274505/

カメラ業界・市場動向カテゴリの最新記事