キヤノン EOS Rのファームウェアをアップデート

 キヤノンがEOS Rのファームウェアをアップデートしています。

 
EOS Rファームウエア Version 1.1.0
 
ファームウエア変更内容
このファームウエアの変更(Version 1.1.0)は、以下の機能向上と修正を盛り込んでいます。
 
1.”サイレント撮影時の連続撮影” の機能を追加しました。
2.記録メディア(カード)内に特定ファイルが大量に存在する場合にエラーが発生することがある現象を修正しました。
3.サイレント撮影時にエラーが発生することがある現象を修正しました。
4.特定レンズと記録画質の組み合せによっては、横方向の線状ノイズが発生することがある現象を修正しました。
5.ファインダーの情報表示が異常となることがある現象を修正しました。
 
今回ご案内のファームウエア Version 1.1.0 は、Version 1.0.0 のファームウエアを搭載したカメラが対象となります。カメラのファームウエアがすでに Version 1.1.0 の場合には、ファームウエアの変更を行う必要はありません。

 キヤノンは上記のように、EOS Rのファームウェアをアップデートしました。内容は主にバグフィクスとなっており、問題の修正ということになっていますね。

 ですが、海外ではこの修正は不評なようで、機能的な向上や追加がなく、がっかりなアップデートだと言われています。

 このアップデートですが、他の海外の噂によれば、メジャーアップデートの前のマイナーアップデートである可能性があるとして、まもなく機能追加のある大きなアップデートがくる可能性もあると言われていますので、EOS Rユーザは期待したいところですね。

 詳細は本記事下部の記事元リンクからどうぞ。


(記事元)https://cweb.canon.jp/drv-upd/eosd/eosr-firm.html