ライカレンズをNikon Z、EOS Rに取り付けるアダプタが発売

ライカレンズをNikon Z、EOS Rに取り付けるアダプタが発売

 焦点工房がニコンZマウントにライカL39マウントレンズ、ライカMマウントレンズを取り付けるアダプタを発売しました。

 
焦点工房が、ニコンZマウントとキヤノンRFマウントに対応するK&F Concept(ケーアンドエフ コンセプト)のマウントアダプター4種類を2019年3月28日に発売した。
 
いずれも、つや消し塗装を施し内面反射を抑制。レンズ側に真鍮製マウントパーツを採用し、取り付け精度を高めている。
 
■K&F Concept KF-39Z
ライカL39マウントレンズをニコンZマウントのカメラボディに装着するためのマウントアダプター。希望小売価格は3,600円(税別)。
 
■K&F Concept KF-LMZ
ライカMマウントレンズをニコンZマウントのカメラボディに装着するためのマウントアダプター。希望小売価格は5,200円(税別)。
 


 
(記事を一部引用しています)

 ライカのレンズをNikon Zなどで取り付けるアダプタが発売されました。

 Lマウントについては、パナソニックがLマウントのミラーレスカメラを発売したことからもわかるように、ミラーレスカメラ用のマウントとして開発されたものです。

 Mマウントはライカが1960年代ぐらいから作られているレンジファインダーカメラ用のマウントで、様々なレンズが作られています。どうしてそのようなレンズを利用しようと思うのでしょうか?

<<下に記事が続きます>>


 Mマウント用のレンズはオールとレンズとして人気があるレンズで、独特の描写性能があるからと言われていますね。日本製のシャープでかっちりと撮影できるレンズというより、味があるレンズということで人気があるようですね。

 そのようなレンズをミラーレスで使いたいということで、このようなマウントアダプタが発売されているのだと思います。

 詳細は本記事下部の記事元リンクからどうぞ。




(記事元)https://capa.getnavi.jp/news/292387/

ニュースカテゴリの最新記事