観光名所の観光公害が問題に 多くはカメラ撮影が原因?

 観光名所での観光公害が問題になっているようです。

 
京都を脅かす「オーバーキャパシティー」
京都の銀閣寺はアプローチがすばらしいお寺です。総門を越え、右手に直角に曲がると、椿でできた高い生垣に挟まれた、細く長い参道が続いています。俗世間から離れた参道を歩くことで、これから将軍の別荘に入っていくのだ、という期待感が高まるように緻密に設計されています。
 
しかし現在、総門を折れて最初に目に入るのは、参道を埋め尽くした観光客の人混みです。生垣の内側に人がひしめく様子を見ると、外の俗世間のほうが、まだ落ち着いているぐらいに思えてしまいます。
 
名所に人が押し寄せるという「オーバーキャパシティー」の問題は、世界中の観光地が抱える一大問題です。京都市内も例外ではなく、各所にそれが生じています。
 
例えば20年前には、京都駅の南側に観光客はそれほど流れていませんでした。伏見稲荷大社も、境内は閑散としていたものです。しかし今は、インスタ映えする赤い鳥居の下に、人がびっしりと並ぶ眺めが常態化しています。
 
ここまで観光客の数が多くなると、傍若無人な振る舞いをする人の数も増えてきます。
 
伏見稲荷大社では、マナーの悪さに辟易した門前町の店が苦情を言ってきても、神社側としてはどうしようもありません。
 
神社側にとっては外国の小銭が入った賽銭箱は、選別するのに労力がかかるし、両替もできません。お寺は拝観料を取ることで、ある程度の調整ができますが、神社の多くはそうしていません。伏見稲荷大社の観光客過剰問題は、なかなか解決しにくいものと思われます。
 
(記事を一部引用しています)

 経済的に成熟期に入っている日本は、賃金も高いので他の安価に製造できる国に製造業ではかなわなくなってきており、観光こそが最後の有力な成長産業と言われています。そのため、政府や自治体、地元の青年会議所などは外国人観光客の誘致に取り組んでいて、その成果もでており外国人観光客は右肩あがりになっていますね。

 その一方で観光客のキャパシティーを超えた観光名所で、観光客が原因で様々な問題が発生する観光公害といったものが問題視されるようになってきています。

 例えば生活道路なのに人が一杯で車が通れないですとか、観光客のポイ捨てで道路が汚れるですとか、建物に落書きするなどといったことが問題になっています。そして、その中の迷惑行為の一つがカメラによる写真撮影なのだそうです。どのようなことが問題なのでしょうか?

<<下に記事が続きます>>


 例えば、人通りが激しいところで撮影のために立ち止まると、そのおかげですべての人が一度立ち止まらなければならなくなったり、それに気がつかない人が人にぶつかって転んでけがをしたりなどするようです。さらに、撮影するために本来は触ってはいけないもの(建物の提灯など)に触れて撮影しようとして壊してしまったり、個人の家の中にまで侵入して庭先で撮影したりなどする人もいるようです。かわいそうなのは京都の舞妓さんで、舞妓さんをみかけると取り囲むように撮影する人の群れができてしまい、舞妓さんが怖い思いをするというようなことも結構あるようですね。

 それがただの観光地や観光名所だったらいいのですが、一般の住民が住んでいるような普通の場所ですと、本当にその人たちには迷惑になってしまうようで、住民たちが観光客を排除するような活動をするようになってしまうそうです。

 日本人が必ずしもマナーがいいとはいいませんし、外国人だからマナーが悪いとも言いませんが、人は多くなると、みんなで悪いと思う行為を行うと心理的なハードルが下がるようで極端に悪い行動をとってしまう人がでてきてしまうものです。

 特にカメラの撮影で様々な問題がでてきてしまっていることは、カメラを趣味とする人からみれば非常に残念な行為で、撮影を禁止されてしまうということにつながりかねませんので、やはりカメラで撮影をするときには、まわりに気を配って迷惑をかけないように一人一人が心がけることが重要になりそうですね。

 詳細は本記事下部の記事元リンクからどうぞ。


(記事元)https://toyokeizai.net/articles/-/269434



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
お名前、メール、ウェブサイトの入力は必須ではありません。