飲食店はお客に撮影を禁じる事ができるの? 出禁通告は有効?

飲食店はお客に撮影を禁じる事ができるの? 出禁通告は有効?

 飲食店はお客に対して撮影禁止を求めることができるのでしょうか?

 
レストランで注文した料理を撮影し、SNSで紹介するのはよくある話だが、実は料理写真の公表自体、何の権利も侵害していないという。
 
「料理の盛り付けが独創的であれば著作権が主張できるかもしれませんが、一般的にはそうではありません。もし店側が料理を撮られたくないのであれば、施設管理権の一環として、撮影を禁じることができます」
 
 店側は<店内や他の客の写真はNGだが、自分が注文した料理のみ撮影OK><店内では撮影禁止><SNSでの拡散大歓迎>などと、自由にルールを定められる。それをメニューに記載したり、張り紙などで表示すればいい。
 
「店がマーケティング戦略の一環として、『場所も、どんな料理が食べられるかも来た人のお楽しみであり、ネットでネタバレされたくないから撮影禁止』と主張することも可能です。ただし、そんな厳しいルールでも客が訪れたくなるかどうかは店次第ですが」
 
 もし店が決めたルールを無視した場合はどうなるのか? 例えば、店側が「もう二度と来るな!」と客に宣告するのは可能なのだろうか?
 
「レストランで食事をするということは、堅苦しい言い方をすれば、店が客に対して料理と食事する場所を提供するという契約です。ですから店はルールを守らず、店にそぐわないと判断した客に対して、『次回以降あなたとは契約を結びません』、すなわち、『二度とお店に来ないでください』と宣言することができます」
 
(記事を一部引用しています)

 最近は自分が注文した料理をスマホで撮影する人が増えていますね。インスタなどのSNSで公開するために撮影している人もいれば、思い出として撮影する人や家族に見せたいので撮影するという人もいるでしょうし、健康管理のために撮影するという人もいると思います。最近はスマホアプリで料理を撮影すると、そのカロリー、塩分などを推察して記録してくれる健康管理アプリなどもあり、非常に便利になっています。

 ですが、お店としては料理を撮影して欲しくないという場面もあるかもしれませんね。例えば、構図を決めるために席を離れて撮影するとか、フラッシュを炊くとか、お店の内装を撮影しようとしているのを見たお客が自分がその写真に収まるのが嫌と感じることでお店に迷惑がかかる可能性がありますね。

 お店が撮影を禁じる根拠としては二つが考えられるそうです。どんな根拠でしょうか?

<<下に記事が続きます>>


 記事によれば、まず一つは料理に著作権を主張することだそうです。つまり料理はアートなので他の人に見られたくないから撮影しないでくれという根拠だそうですが、一般的な盛り付けに著作権は発生しないので、これは根拠としては無理筋なようですね。

 もう一つは施設管理権として、そもそも店内で撮影をしないでくれということを求めるという方法があるようです。記事によれば、こちらの方法は最初の契約として、店内で何も撮影しなければ料理を提供しますよ?契約しますか?という感じになるので、法律的にも有効なようです。

 でも、この場合はまずは撮影の禁止を伝える必要があるので、店頭に撮影禁止の張り紙を貼る、入店時にお客さんに確認する、メニューに記載するなど明言しておかないとダメなようですね。

 もし上記のようにわかるような表示がない場合でも、記事によれば次回からは契約を結ばないのでお店にはこないでくださいという主張は可能なようです。

 お店としては、迷惑な撮影でなければお店の宣伝になるので許可したいところだと思いますが、他のお客さんの迷惑になることを最も恐れていると思います。なので敢えてグレーゾーンにしておいて、迷惑に撮影するお客がいたら注意するということをしていると思います。ですが、禁止されていないことをいいことにマナーを考えずに無理に撮影していると、お客に迷惑がかかるからと一律に禁止されてしまう可能性があります。そうなると、撮影したいなと思ってもできなくなってしまい、結局は自分自身の首を締める行為になりますので、撮影するときには他人に迷惑をかけないよう気をつけたり、お店の人に声がけして撮影するなどマナーを守って撮影する必要がありますね。

 詳細は本記事下部の記事元リンクからどうぞ。


(記事元)https://dot.asahi.com/dot/2018052900072.html?page=1



ニュースカテゴリの最新記事