ニコン NIKKOR Z 24mm f/1.8 Sを国内発表 今後発売が噂されるレンズまとめ

高い解像力でディテールを克明に描き、なめらかなボケを楽しめる大口径広角単焦点レンズ

広角24mmで開放F値が1.8と明るく、広角レンズながら被写体の背景を美しくぼかせます。マルチフォーカス方式の採用により、近距離を含むすべての撮影距離で高い結像性能を発揮。光学系にはEDレンズ1枚と非球面レンズ4枚を採用し、無限遠でも画像周辺部までクリアーな描写が得られます。風景はもちろん、広角スナップやポートレート、さらには優れた点像再現性を活かした星景、夜景撮影まで、幅広い用途でハイクオリティーな静止画、動画撮影を楽しめます。

NIKKOR Z 24mm f/1.8 S New
2019年10月18日発売予定
予約販売受付は、10月4日10時より開始します。
希望小売価格:150,260円(税別 136,600円)

フルサイズミラーレス用大口径超広角単焦点レンズ発売

ニコンがフルサイズ用超広角レンズを発表しました。これは、先日海外で発表されていたものですが、このたび日本国内でもようやく発表になったということになりますね。なぜこれだけの時間差があったのかはいまいち不明です。

<<下に記事が続きます>>


今後発売される可能性のあるレンズ

ではおさらいとして、今後発売される可能性のあるレンズについてまとめておきます。

2019年
・58mm f/0.95 S Noct
・24-70mm f/2.8 S ←発売済み
・14-30mm f/4 S ←発売済み
・24mm f/1.8 ←今回発表
・85mm f/1.8 ←発売済み
・70-200mm f/2.8
・16-55mm f/3.5-6.3(APS-C)
・50-250mm f/4.5-6.3(APS-C)
 
2020年
・20mm f/1.8 S
・50mm f/1.2 S
・14-24mm f/2.8 S
・85mm f/1.2 S
・135mm f/1.8 S
・28-70mm f/2.8-3.5 S
・24-120mm f/4 S

2021年
・105mm f/1.8 S
・28mm f/1.8 S
・65mm f/1.8 S
・35mm f/1.2 S
・28-280mm f/2.8-5.6 S
・100-300mm f/4 S

というわけで、2019年に発売が噂されているレンズは順調に発表されていますね。このロードマップが事実であれば、今年はあと大三元の残りとなる望遠ズーム、APS-C用のレンズ2本が発売されることになりそうです。

さらに来年にはフルサイズ用のレンズラインナップが様々予定されていて、2021年までには望遠単焦点レンズを除くとほぼラインナップは揃うような感じになりますね。その間に本体としてはソニーを追い越し、さらに戦略的な価格設定をしておきたいところですね。

詳細は本記事下部の記事元リンクからどうぞ。


(記事元)https://www.nikon-image.com/products/nikkor/zmount/nikkor_z_24mm_f18_s/