キヤノン EOS-1D X Mark IIIを正式発表 デュアルピクセルAF搭載

デジタル一眼レフカメラのフラッグシップ機”EOS-1D X Mark III”を発売
キーデバイス一新により最高約20コマ⁄秒の高速連写と高精度AFを実現

キヤノンは、スポーツや報道、スタジオ撮影などプロの撮影現場に求められる高い性能と信頼性を備えた「EOS-1」シリーズの最新機種”EOS-1D X Mark III”を2020年2月中旬に発売します。

おもな特長
“EOS-1D X Mark III”は、キヤノンにおける最先端技術や最高クラスの性能を備えたフラッグシップモデルのデジタル一眼レフカメラです。プロフォトグラファーはもちろん、動画も撮影するプロフェッショナルのニーズに応えるべく、高画質や高速連写、快適な操作性を高い次元で実現しています。

新開発のフルサイズCMOSセンサー・映像エンジン「DIGIC X(エックス)」・AFセンサーを搭載
新開発の有効画素数約2010万画素※1フルサイズCMOSセンサーと、新映像エンジン「DIGIC X」やAF専用のセンサーなど、キーデバイスを一新し、基本性能が大幅に向上しています。これにより、AF・AE(自動露出制御)を追従させながら、光学ファインダー撮影において最高約16コマ⁄秒、ライブビュー撮影において最高約20コマ⁄秒の高速連写を達成しています。また、新たに開発したAFセンサー「High-res AFセンサー」を搭載し、最大191点(クロス測距点最大155点)の測距点から得られる高解像な信号を解析することで、光学ファインダー撮影時に高い合焦精度を実現しています。

4K ⁄ 60P ⁄ YCbCr 4:2:2 ⁄ 10bit ⁄ Canon Log※2による高精細で階調性の優れた動画性能
4K ⁄ 60Pの高精細で滑らかな動画撮影に加え、YCbCr 4:2:2 ⁄ 10bit ⁄ Canon Logに対応しており、階調と色彩の再現性に優れた動画を内部記録することができます。また、RAWデータでの動画の内部記録もできるため、RAWデータの解像度や階調性、編集耐性の高さを生かした高度な動画編集や静止画切り出しを実現します。

プロのニーズに対応した通信機能と操作性
有線LAN機能や新製品の”ワイヤレスファイルトランスミッター WFT-E9B”(別売り)を用いて、高速で安定した画像転送が可能です。また、カメラ本体の外装部品に新構造を採用し、従来機種「EOS-1D X Mark II」(2016年4月発売)より約90g軽量化した質量約1,440g※3を達成しています。さらに、CFexpress用のダブルスロットを搭載しています。CFexpressカードの採用により、書き込み速度の向上とRAW+JPEGでも余裕ある連続撮影可能枚数を実現しています。

キヤノンフラッグシップEOS-1D X Mark IIIを発表

キヤノンがフラッグシップモデルとなるEOS-1D X Mark IIIを正式発表しました。仕様については、概ね既存に流出していた内容そのもののようですね。詳細な仕様は、本記事下部の製品ページリンクからどうぞ。

これまでボディ内手ぶれ補正の有無や、ハイブリッドマウントカメラになるというような噂がありましたが、少なくともそれはEOS-1D X Mark IIIではなく他のカメラの話のようですね。順当にMark IIからステップアップしたような内容になっています。

基本的な性能もかなりよくなっていて、デュアルピクセルCMOS AFを搭載してライブビュー時の撮影も便利になるほか、測距点も61点から191点へのかなり増えていますし、映像エンジンも新たなDIGIC Xを搭載しています。シングル構成ですがデュアルDIGIC 6+を凌駕する性能ということで、こちらも期待できそうですね。

(記事元)https://cweb.canon.jp/eos/lineup/1dxmk3/