ニコン Z 70-200mm f/2.8の発売を延期 生産上の都合で

NIKKOR Z レンズ「NIKKOR Z 70-200mm f/2.8 VR S」発売時期延期のお詫びとお知らせ

2020年01月30日 製品情報

平素はニコン製品をご愛用いただきまして、誠にありがとうございます。

2020年2月14日に発売予定としてご案内しておりましたNIKKOR Z レンズ「NIKKOR Z 70-200mm f/2.8 VR S」につきまして、生産上の都合により、発売時期を延期させて頂くこととしました。

本製品をお待ち頂いているお客様には、多大なるご迷惑をお掛けいたしますこと、深くお詫び申し上げます。

発売時期を延期いたします対象製品は以下の通りとなります。発売時期につきましては、確定次第改めてお知らせいたします。

(記事元)https://www.nikon-image.com/products/info/2020/0130_02.html

[itemlink post_id=”4154″]

Nikon Zシリーズ用レンズの発売延期

ニコンがフルサイズミラーレス用のレンズであるNIKKOR Z 70-200mm f/2.8 VR Sの発売時期の延期を発表しました。

NIKKOR Z 70-200mm f/2.8 VR Sはf/2.8通しのレンズの望遠ズームレンズで、大三元と呼ばれるレンズを構成するレンズの一つです。まさにニコンレンズの代名詞的なレンズになるレンズですので、これが発売延期されるのは非常に残念ですね。

生産上の都合とは?

発表によれば、製品の発売延期は生産上の都合ということのようです。生産上の都合というのはどういう意味なのでしょうね?一般的に考えられるのは、受注が多すぎて生産が間に合わないので発売を延期するというパターンがあります。ですが、その場合、一般的には「受注が好調で」などと説明されることが多く、今回は生産上の都合ですので、それとは異なる理由と考えられそうですね。

実はニコンはNIKKOR Z 50mm f/1.8 Sについても生産上の都合で発売を延期しています。NIKKOR Z 50mm f/1.8 Sは10月下旬に発売ということでしたが、実際に発売されたのは12月7日でした。約1ヶ月と少し、概ね約1ヶ月半ほど延期されたということになります。

なのでNIKKOR Z 70-200mm f/2.8 VR Sについては、本来であれば2月14日の発売ということですので、仮にNIKKOR Z 50mm f/1.8 Sと同じ程度の期間、発売が延期されるとしたら、2月14日の1ヶ月半後ということで、4月上旬あたりの発売になる可能性が高いように思われます。

実際に何が理由かはわかりませんが、製品を期待していた人が多いと思いますので、とにかく早い発売を期待したいですね。

お知らせツイートしています

新着記事のお知らせツイートをしています。フォローしていただけると嬉しいです。
(Twitterページ)https://twitter.com/Nikon1Blog

[itemlink post_id=”4154″]