ニコンダイレクトが限定のマクロレンズ販売キャンペーン開催

ニコンがマクロレンズの販売キャンペーン

ニコンがマクロレンズの販売キャンペーンを実施するようです。これはキャッシュバックキャンペーンなどではなくて、ニコンダイレクト限定のキャンペーンのようですね。キャンペーンサイトはこちらです。

それでは、どのようなレンズがキャンペーンとして販売されているのでしょうか?具体的には以下のようになります。

AF-S DX Micro NIKKOR 40mm f/2.8G 25,300円(税込)
AF-S DX Micro NIKKOR 85mm f/3.5G ED VR 71,775円(税込)
AF-S Micro NIKKOR 60mm f/2.8G ED 86,625円(税込)
AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED 121,275円(税込)
AI AF Micro-Nikkor 200mm f/4D IF-ED 217,800円(税込)
AI AF Micro-Nikkor 60mm f/2.8D 64,350円(税込)
AI Micro-Nikkor 55mm f/2.8S 56,925円(税込)
PC-E Micro NIKKOR 45mm f/2.8D ED 311,850円(税込)
PC-E Micro NIKKOR 85mm f/2.8D 311,850円(税込)

結構多くのレンズが対象になっているので嬉しいですね。

<<下に記事が続きます>>


外出自粛のいま室内での撮影に挑戦

いま多くの自治体で新型コロナウィルスの影響によって外出の自粛が求められています。そのため不要不急以外の外出の自粛が必要になるわけですが、このさいマクロレンズを購入してテーブルフォトに挑戦してみるというのもいいかもしれませんね。

個人的にお勧めなのは標準マクロで、ニコンの場合は換算60mmのマクロが販売されていますので、これが結構お勧めです。60mmですのでちょっと画角が狭くなりますが標準レンズとして利用できますし、f/2.8と明るいのでズームレンズよりもボケが期待できます。さらに最短撮影距離が短く等倍での撮影が可能になりますし、描写性能も高いですので、様々な撮影に利用できる初めての単焦点レンズとしても比較的お勧めです。

ただし焦点距離が短いので、屋外で綺麗な花をマクロで撮ろうとする場合には、十分に被写体に近づかないとならないので、自分の影が映り込みやすく撮影が制限される場合があるかもしれません。そういうときには換算100mm付近の中望遠マクロのほうが便利だったりします。中望遠ですと近づくと逃げてしまう昆虫などの撮影にも適しています。

APS-Cの標準マクロは価格もニコンダイレクトの価格で2万5300円ですので比較的に廉価なレンズなので、とってもお勧めできると思いますね。

(記事元)https://shop.nikon-image.com/campaign/2020_micro_campaign/index.html?cid=JDCNR01239

お知らせツイートしています

新着記事のお知らせツイートをしています。フォローしていただけると嬉しいです。
(Twitterページ)https://twitter.com/Nikon1Blog