カメラグランプリ 2020 ソニーαが大賞受賞し三冠達成!!

カメラグランプリ2020大賞
α7R IV (ソニー)

選考理由
フルサイズミラーレス機のα7シリーズの中でも高画素機Rの4代目のモデル。画素数は、有効約6100万画素になり、先代α7R IIIの有効約4240万画素から大幅にアップ。撮影画像は緻密で、画像をクロップしても十分に使える画質である。それでありながらも、AF/AE追従でメカシャッター時約10コマ/秒の高速連写が可能。像面位相差AFセンサーによる、オートフォーカスも高速で、瞳AFは正確で被写体の追従性もよい。高画素と動体撮影を高い次元で両立させている。また、大型化したグリップやボタンの機能変更、露出補正ダイヤルのロック機構など操作性、バッテリーの大型化など使い勝手も大きく改善されている。「フルサイズαの集大成的存在」、「現在のミラーレス機としては最も高い性能」「オールマイティーという言葉はこのカメラこそふさわしい」など多くの選考委員が評価した。同シリーズのα7R IIは2016年にカメラグランプリ大賞を受賞している。

カメラグランプリ2020 レンズ賞
FE 200-600mm F5.6-6.3 G OSS(ソニー)

選考理由
焦点距離200~600mmの超望遠ズームレンズ。同社のカメラと組み合わせて高速かつ静かでレスポンスのよいAFを実現。インナーズームによりズーミングしても全長が一定で重量バランスの変化が少ないのは、小型なミラーレス機用レンズとして使い勝手に寄与している。少ない回転角で操作できるズームリングなど操作性もよい。開放F値はF5.6-6.3であっても、電子ビューファインダーや同社のAFシステムでは問題にならない。光学式手ブレ補正を搭載し、小型・軽量で取り回しのいいレンズに仕上がっている。そうした使い勝手の良さに加え光学性能も高く、その性能やスペックに対して安価であることにも評価が集まった。テレコンバーターにも対応し、最大1200mmのレンズとして使える。現時点でのミラーレス用超望遠ズームの決定版ともいえ、モータースポーツはもちろんのこと、飛行機、野鳥の撮影などに重宝するレンズだ。東京五輪では、間違いなく「オリンピックレンズ」というべき存在になるだろう。

カメラグランプリ2020 あなたが選ぶベストカメラ賞
α7R IV (ソニー)

(記事を一部引用しています)
(記事元)http://www.cjpc.jp/gra/2020/grandprix20J.html

ソニー圧勝 3冠を獲得

CJPCが2020年のカメラグランプリについて受賞製品を発表しています。

今期に発売された製品で最も優れた製品を選ぶ、カメラグランプリについて、選ばれたカメラが紹介されています。記事によれば、カメラグランプリの大賞を受賞したのはソニーのα7R IVだそうです。

そしてレンズ賞を受賞したのは、同じくソニーのFE 200-600mm F5.6-6.3 G OSSでした。さらに読者の投稿で決定するあなたが選ぶベストカメラ賞を受賞したのも、やはりソニーのα7R IVです。

ソニーすごいですね。これで3冠を達成したことになります。ミラーレスに早くから取り組んで、フルサイズミラーレスも他社に先かげて販売し、次々と高性能化させていったことが成功しています。ミラーレス化という技術の変わり目をうまく利用してニコンやキヤノンを退けることに成功していますね。

他のカメラの得票はどうだったのか

大賞はソニー α7R IVということは分かったのですが、それでは他のカメラはどのような評価がされていたのでしょうか。ちょっと気になるところですよね。

そこで調べてみたら以下のような情報がありました。

<カメラグランプリ2020 大賞 得票結果 TOP5>
●ソニー α7R IV : 116点
●キヤノン EOS-1D X Mark III : 108点
●ニコン Z 50 : 87点
●富士フイルム GFX100 : 79点
●シグマ fp : 74点

(引用)https://news.yahoo.co.jp/articles/f99d321e0baf139c48c4d2bc9f19f792eceb0e72

これをみると2位にキヤノンのEOS-1D X Mark IIIが入っているのがわかります。思い出しましたが、確かに今年はEOS-1D X Mark IIIが発売された年でした。EOS-1D X Mark IIIよりα7R IVのほうが得票数が多かったのですね。少し昔ならEOS-1D X Mark IIIが大賞を受賞していたかもしれません。Nikon D6はランキングに入っていませんが、それもそのはずで、Nikon D6は選考対象の発売期間中に発売されていませんでしたので、2021年のグランプリで評価されることになります。

そしてニコンからはNikon Z 50が3位に入っていることもわかりました。このカメラも比較的高評価だったのですね。ですが、さすがにα7R IVやEOS-1D X Mark IIIよりも上位にいくことは難しいのでしょう。

というわけでソニーはフルサイズミラーレス機が本当に人気で売れているようですし、レンズも次々と純正レンズが発売されていますので、より強固なシステムになっていきそうです。キヤノンとニコンは追いつけるでしょうか?

お知らせツイートしています

新着記事のお知らせツイートをしています。フォローしていただけると嬉しいです。
(Twitterページ)https://twitter.com/Nikon1Blog