ニコン Z 58mm f/0.95 S Noctの受注を再開へ 100万越えの超高価レンズ

ミラーレスカメラ(Z シリーズ)対応「NIKKOR Z 58mm f/0.95 S Noct」受注再開のお知らせ

2020年07月10日 製品情報

平素はニコン製品をご愛用いただきまして、誠にありがとうございます。

2019年11月1日より受注を一時休止とさせていただいておりました、ミラーレスカメラ(Z シリーズ)対応の「NIKKOR Z 58mm f/0.95 S Noct」につきまして、受注再開の準備が整いましたので、ご案内申し上げます。
長期に渡り、お客さまには多大なるご迷惑をおかけしましたことを謹んでお詫び申し上げます。
今後とも、さらなるサービスの向上に努めてまいりますので、変わらぬご愛顧のほど、何卒よろしくお願いいたします。

受注再開日:2020年7月11日(土)10時 ※当製品は、受注生産になります

(記事元)https://www.nikon-image.com/products/info/2020/0710.html

ニコンがNoctの受注を再開

ニコンがNIKKOR Z 58mm f/0.95 S Noctの受注を再開したようです。NIKKOR Z 58mm f/0.95 S Noctは去年の11月1日より受注を停止していましたが、ようやく受注の再開の目処がたったようで、7月11日、本日から受注が再開されたということです。

NIKKOR Z 58mm f/0.95 S Noctがなぜ受注を停止していたのか?ということですが、10月12日の受注開始から、予想以上の注文があったためだそうです。そして、その発表は10月31日にありました。ということは、逆算すると、10月12日から10月31日までの約20日間で、予想を上回る受注で7月11日まで受注ができなかった状況になっていたということになります。約9ヶ月ほど受注ができないほどの注文があったということになりますので、ほんとうにかなり想定以上に売れていたということが言えそうですね。

ただ、3月以降は新型コロナウィルスの影響で生産量がかなりすくなくなっていた可能性もありますので、そのあたりは勘案して考えなければいけないのかな?と思います。ですが、Zマウントを代表するレンズの一つとして、Zマウントのアイコンとしての役割を十分に果たしているなという印象ですね。それだけNoctのインパクトはすごかったです。

お知らせツイートしています

新着記事のお知らせツイートをしています。フォローしていただけると嬉しいです。
(Twitterページ)https://twitter.com/Nikon1Blog