ニコン NIKKOR Z 24-50mm f/4-6.3を正式発表 希望価格約6万円

ニコン NIKKOR Z 24-50mm f/4-6.3を正式発表

ニコン がNIKKOR Z 24-50mm f/4-6.3を正式発表しました。

このレンズはNikon Z 5のキットレンズとなっており、フルサイズセンサー対応のズームレンズで、発売済みのレンズ交換式ミラーレスカメラ用のレンズとして世界最薄、最軽量を実現したとしています。

このレンズはかなり小さく、Z 24-70mm f/4 Sの全長約85.5mmと比較してZ 24-50mm f/4-6.3は全長が約51mmとなっていて、30mm以上も短くなり、重量も約500mmから約195gと大幅に軽量化されていることがわかります。またレンズにEDレンズを2枚採用し、色収差を効果的に修正し、シャープな描写を実現しているとしています。

スペックからすると広角から50mmまでの焦点距離で、通常の標準ズームとは異なり中望遠域がありません。そのため、通常の標準ズームと比較すると描写の可能性が狭まる可能性があるわけですが、スナップなどで利用するぶんには十分に利用できるレンズだと思います。

開放f値も確かに大きいですが、フルサイズセンサーですし高感度耐性も強くなっていますので、特に問題はないレベルなのかな?と思います。

気になる価格は希望小売価格で5万8300円ということで、フルサイズ用のレンズとしてはかなり廉価ですね。そのおかげでNikon Z 5の標準ズームキットも低価格にできたのかな?と思います。

あとは描写性能がどの程度か?ということですが、これはレビューを待つしかありません。ですが小型軽量で廉価ということで、スナップ目的で初めてフルサイズを購入するという人にはピッタリかもしれません。

(製品ページ)https://www.nikon-image.com/products/nikkor/zmount/nikkor_z_24-50mm_f4-63/

お知らせツイートしています

新着記事のお知らせツイートをしています。フォローしていただけると嬉しいです。
(Twitterページ)https://twitter.com/Nikon1Blog