デジカメ一眼ランキング キヤノンが3位までを独占 ニコンも2機種ランクイン

 キヤノンが3位までを独占しています。

1位 キヤノン EOS Kiss M ダブルズームキット
2位 キヤノン EOS Kiss X9 ダブルズームキット
3位 キヤノン EOS Kiss X9i ダブルズームキット
4位 ニコン  D5600 ダブルズームキット
5位 ニコン D5300 AF-P ダブルズームキット
 
(記事を一部引用しています)

 BCNのデジカメ販売ランキングが公開されています。BCNランキングによれば、キヤノンが1位から3位までを独占し、そのあとにニコンが続いているという状況になっているようですね。

 それにしてもキヤノンはかなり強いですね。個人的にはミラーレスのKiss Mが発売されたことで、一眼レフのKissの販売数が少なくなり、複数機種に人気がばらけることでランキングとしては3位~7位ぐらいに落ちるのではないかな?と思ったのですが、実際にはそんなことなく、相変わらずキヤノンの一眼レフとミラーレスは売れています。

 この状況は二つの見方があると思います。一つはKiss Mというミラーレスを販売したことで、ソニーやオリンパスのミラーレス需要を取り込んで、Kiss MはKiss X9などの一眼レフの需要を落とすことなく販売することに成功しているということ。もう一つは、実はKiss Mの発売でKiss 9などの一眼レフの販売数も落ちているのだが、Kissシリーズが売れすぎていて共食いになっていてもランキングの上位を死守するほど売れているという考えです。

 ランキングからはどちらが正しいかわかりませんが、少なくともKiss Mを投入してもKissシリーズし相変わらず売れているということだけは言えるため、キヤノンとしては戦略的には成功していると考えることができそうですね。

 それでも全体的にニコン、キヤノンの一眼レフはランキングで上位に入っており、他社のミラーレスより上位にランクしているというのは、まだまだ一眼レフも捨てた物ではないということなのでしょうか?

 ランキングの詳細は本記事下部の記事元リンクからどうぞ。


(記事元)http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1810/17/news164.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。