ソニー ついにドローン市場へ参入 持ち前のセンサー、画像技術を投入

ドローンプロジェクトを始動

ソニー株式会社は、AIロボティクス領域における、ドローンの新たなプロジェクトを開始しました。
昨今のドローンの普及は、これまで見ることができなかった映像を届けることや、産業分野における業務効率化や省力化などに大きく寄与してきました。ソニーはイメージング&センシング技術や、リアリティ、リアルタイム、リモートの「3Rテクノロジー」を活用し、ドローンのさらなる発展や最高峰の価値創出に貢献するという志を込め、ブランドを“Airpeak”(エアピーク)と定めました。

Airpeakは、映像クリエイターの創造力を余すことなく支援し、エンタテインメントのさらなる発展に加え、各種産業においても一層の効率化や省力化に寄与することを目指します。また、これまでドローンの活用が困難だった環境においても最高水準の安全性、信頼性により安心して利用できるよう、プロジェクトを推進していきます。

ソニーは今後、プロジェクトに関連する情報を継続的に発信するとともに、Airpeakを体験いただく機会を通じてドローンユーザーからフィードバックを得る共創活動を重ね、2021年春の事業開始に向けて準備を進めていきます。
なお近日中に、本活動に参画いただけるプロフェッショナルサポーターの募集を開始する予定です。

本プロジェクト情報は下記サイトで随時アップデートしていきます。

(記事元)https://www.sony.co.jp/SonyInfo/News/Press/202011/20-091/

ソニー ドローン市場へ参入へ

ソニーがドローン市場へ参入することが明らかになりました。

記事によれば、ソニーはドローンに関するプロジェクトを立ち上げ、2021年春から事業の開始を目指していくそうです。そのため、現在は、プロジェクトの立ち上げにあたり、現在のドローンユーザからのフィードバックなどを得て市場調査をしているというような状況だと思われますね。

ドローンメーカーというと中国企業が多い印象があります。そしてソニーのようなブランド力のあるメーカーはまだないと思います。ですが、各国、様々なメーカがあるなかで、ソニーが高いシェアを得られるかどうかは、まだまだ未知数なところだと思いますね。

それでもソニーにはイメージセンサーやスマホ、映像技術、業務用にも使われているビデオカメラの技術などを動員すれば、かなりすごいドローンができる可能性もありそうです。

他にもあるか?ソニーの秘策

ソニーがまもなく発売するPlayStation5は予約が殺到で、抽選倍率もかなり高いものとなっているようです。試しに自分も抽選に申し込んでみたのですが、すべての抽選で外れでした。たまたまSwitchの抽選もしていたので、こちらも試しに申し込んだら、たまたま当選してしまい、購入するつもりはなかったのに、折角当選したということで購入してしまいました・・・

各家庭にPS5があるというような状況になると、例えばカメラで撮影した動画や静止画を閲覧したり、本体に接続した外付けの記録装置などと連携して電子アルバムとして活用するということもできる可能性がありますよね。PS5とカメラを有線/無線を問わずに接続するだけでデータが転送され、撮影した動画や静止画のデータをPS5で管理するといったことも可能になるかもしれません。

そして、今回のドローンで撮影した映像に関しても、360度の全天で撮影した画像をPS5に接続されたPlayStation VRを通じて立体的に再生することが可能になるといったことも可能になるかもしれないと考えると、PS5をハブにして様々な技術が可能になりそうで面白くなりそうですよね。

こんなことができるのも、ソニーが様々な幅広い事業をいろいろ行っているからということになりますので、他社にはここまでの展開はなかなか難しいのではないのかなと思います。

ソニーのドローンについては、かなり期待ですね。

お知らせツイートしています

新着記事のお知らせツイートをしています。フォローしていただけると嬉しいです。
(Twitterページ)https://twitter.com/Nikon1Blog