カメラを購入すると散歩が楽しくなる?? カメラ購入での「あるある」

カメラを趣味にすると、いろいろ楽しくなるんです

カメラを趣味にしている人には、カメラを購入したことでよくあるような、いわゆる「あるある」が結構ありますよね。実際に普段、カメラを持っているだけでちょっとした意識の変化があって、出歩くだけでも楽しくなることが結構あるものです。今回は、それらのよくある「あるある」についてです。

散歩するのが楽しくなる?

まず散歩をるのが楽しくなります。カメラを購入すると、とにかく何かを撮影したくてたまらなくなるわけですが、被写体を探すために近所を散歩がてら探しに行ってしまうわけですね。そうすると、普段はただ眺めていた景色でも、これはいい被写体になるんじゃないか?という目で見たりして、新しい景色として再認識することができたりします。

そうすると、ああ近所にはこういう場所があったんだな?とか、こういう建物があるんだといった感じで、普段歩いている場所を新鮮な目でみることができ、良さを再発見できることが多いですね。そのことに気がつくとさらに散歩が楽しくなって、より遠くまで歩いたりして、さらに新しい発見をすることができます。

こうするとですね、気がつくと数時間ぐらい歩いていたり、近所の山に登ってみたりして、ちょっとだけ健康にもなれます。お腹も減ってご飯も美味しくたべられますし、良いことずくめです。散歩が増えるのはダイエットにはかなりお勧めです。ですが、近所を散歩するぶん、近所の飲食店やお店にも詳しくなり、美味しい食べ物をテイクアウトしてしまうという弊害も発生します。

花の名前に詳しくなる

被写体を探して散歩するようになると、なんといっても気がつくのはキレイな咲いている花ですね。季節によって様々な花が咲いていますし、そして花はキレイなので被写体としてとても素晴らしく見えます。そうすると、あの花はなんだろう?という感じで知りたくなって、花について詳しくなります。

例えば街中ですと、桜、梅、朝顔などを筆頭に、水仙、彼岸花、チューリップなどキレイな花を見つけて撮影し、あれこれは一体なんていう花なんだろうってことで、どんどん花について詳しくなります。これも「あるある」の一つですよね。

ネコのいる場所に詳しくなる

住宅地ですと飼い猫が多いからか、わりと特定の場所で同じネコをよく見かけることが多くあります。歩いていると、いつもの場所でひなたぼっこしているネコですとか、歩いているネコがいて、あ、また同じネコがいるという感じでよく見かけることができます。

慣れてくると、だいたいこの場所にいるよねということがわかってくるもので、今日はどこで寝ているのかな?と気になって思わず探してしまいます。ただ、あるときからぱったり見なくなってしまうこともあるのですが、そうなるとちょっと寂しく感じてしまいます。どこに行っちゃうんでしょうか?

<<下に記事が続きます>>


スマホではできない撮影の楽しさも

このようにカメラを持ち歩いていると、様々な楽しいことがあります。そんなのスマホを持ち歩いていても同じことじゃないの?と思うのですが、それはそれでその通りです。ただ、購入したので折角なので新しいカメラで撮影をしたいので、積極的に被写体を見つけたいという動機は結構大きいのですよね。最初はその程度の動機でいいと思います。ですが、最初は撮影をすると自分の思った通りに撮影できなかったりとか、印象的な写真にならなかったりとかすることのほうが多いので、そこからが勝負だと個人的には思っています。

スマホは撮影するだけで、ある程度の写真が撮影できるわけですが、ミラーレスのようなカメラになると自分で操作、設定して撮影することが求められます。例えば、絞りはどうするですとか?シャッター速度はどうする、露出補正は?といった様々な設定を自分でする必要がでてきます。

あとスマホにはないような自然なボケも可能になりますので、被写体と背景の距離をどのように保つですとか、レンズの焦点距離を考えるとか、様々なことを考えないといけません。

このようなことが面倒といえば面倒なのでしょうが、こういったことを考えながら自分の思い通りに撮影することも、カメラの一つの楽しみ方だと思いますね。例えば、車では今ではオートマが多いですが、マニュアルで運転するほうが楽しいという人もいますし、料理についても自分で作る楽しみを優先する人もいますが、それと通じる部分があると思います。

散歩するだけでも、カメラと一緒だと散歩がとても楽しくなる、それがカメラを趣味とすることの、とてもいいところだと思いますね。

みなさんは、カメラを購入しての「あるある」は何かありますか?

お知らせツイートしています

新着記事のお知らせツイートをしています。フォローしていただけると嬉しいです。
(Twitterページ)https://twitter.com/Nikon1Blog