老眼に優しいミラーレスカメラ 優しくないミラーレス車 レクサス発表

 ミラーレスカメラは老眼に優しく、ミラーレス車は老眼に優しくないと言われています。なぜでしょうか?

レクサスは2018年10月24日(水)、新型ESの販売を開始した。価格は580万円~698万円(消費税込)。
 
◆骨格からスポーティ!新型ESの内外装をチェック
 
新型ESは、レクサスのブランド創設時からラインナップされる、同ブランドの歴史を創り上げてきたモデル。今回発売される新型モデルで7代目を数え、レクサスの中では歴史あるモデルといえる。
 
しかし、意外にも歴代ESの中で日本に導入されるのは本モデルが初。いわば、日本への「凱旋モデル」といえるのだ。
 
今回の新型モデルで最も話題となっているポイントは、これまでのドアミラー部分にデジタルカメラを設け、ドアミラーの機能をデジタル化した「デジタルアウターミラー」。量産車において世界初ということもあり、各メディアからの注目度も高い。搭載されるパワートレーンは2.5リッターエンジンとモーターが組み合わされたハイブリッドとなっている。
 
(記事を一部引用しています)

 いつかはこうなると解っていたわけですが、いよいよレクサスがドアミラーをカメラと液晶に置き換えたミラーレス車を市販車で初めて採用して販売するそうです。このようなものは、バスなどの大型車では後方確認用のバックモニターとしてすでにあったわけですが、サイドドアミラーで採用したということではエポックな出来事といえるかもしれませんね。

 鏡でなくカメラとモニターを利用するということで、雨に濡れても見やすい、ガラス曇りに関係がない、ミラーの出っ張りを小さくできる、夜間でも露出を調整することで見やすい、将来的に画像認識技術を利用して車の接近状況や距離など情報をディスプレイ的に表示できるといったことがあるようです。

 一方にネガティブな意見としては、カメラ壊れたらどうするの?とか、停車して電源をOFFにしているとき後方が見えないのでは?とかいろいろな意見があるようですね。

 レクサスといえば高級車の代名詞的な存在ですが、購入する人の多くはお金持ちであったり、収入の多いお年を召された方が多いだろうと思います。そうなると、実は老眼がミラーレス車にはよくないだろうと言われています。なぜでしょうか?

 一般的にミラーレスカメラは老眼に優しいと言われています。それは電子ビューファインダー(EVF)だけでカメラの操作を完結することができるからです。光学ビューファインダー(OVF)ですと、ISOや露出など簡単な設定はOVFでも可能ですが、複雑な設定は背面液晶をみて操作しないといけません。そうすると、OVFから目を離して、老眼鏡をつけて操作して、また外してOVFを覗いてとやったり、実際に撮影された画像を確認するのにも同様のプロセスが必要になるので面倒です。

 ですが、EVFでは撮影後の画像確認であるポストビューもEVFに表示されるため、EVFから目を離す必要がありません。さらに細かい設定メニューもEVFに表示できるのであれば、EVFを覗いたまま様々な操作ができるため、目に関して優しいということですね。

 では、車のミラーレスの場合は、どうして老眼に優しくないのでしょうか?

 通常、車を運転する人はフロントガラスから数~十数m前方をみて運転をしています。背後を確認するときにはルームミラーかドアミラーで確認するわけですが、ミラーを利用して反射した景色を閲覧することになるとしても、運転するのと同様に数~十数m後方を確認することになります。つまり、運転していて前方を確認している途中で、ミラーをみて後方を確認しても、確認する距離はほとんど変わらないので、焦点を合わせる距離は最小限で済みます。

 しかしミラーレス車の場合は、モニターが社内にあるため、後方を確認しようとするたびに、数~十数m前方から、30cmぐらいの前方へ異なる距離を頻繁に焦点を動かすことになります。

 数十cm近くの小さなモニターとなると老眼がひどくなったお年寄りですと、見づらくなることは言うまでもありません。ですが、かといって老眼鏡を利用すると遠くが見えなくなりますので、そんなこともできないというジレンマになってしまいます。

 お年寄りだけでなく、このような視線の移動は目が疲れると言われており、頻繁に視線をやりとりすると老眼でない人でも目が疲れ、中年以降では焦点をあわせる時間がかかるようになりますので、運転にも危険が生じる可能性があるのではないか?と考えている人もいるようですね。

 このように同じミラーレスでも人によっては使いにくくなったり使いやすくなったりすることもあるということで、より利用者に合わせた機能にしていくことが重要なのかもしれませんね。

 詳細は本記事下部の記事元リンクからどうぞ。


(記事元)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181025-00010000-autoconen-bus_all

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。