Nikon D5500、D7200がディスコン APS-C一眼レフ

 D5500とD7200がディスコンになっていました。

 Nikon D5500とD7200の一眼レフカメラが、ニコンのサイトで公式にディスコンとして表示されている。
 
 どちらのモデルも2015年に発表されたものだ。
 
 ニコンが将来的に一眼レフのAPS-Cのシリーズをどのように考えているのか興味深い。新しいAPS-Cのミラーレスカメラについての信頼性のある噂はまだ何もない。
 
(記事を一部意訳しています)

 D5500とD7200が終売になっているようですが、D5300についても旧製品入りしておりディスコンになっています。D5500についてはD5600が、D7200はD7500という後継機種がありますので、シリーズそのものがなくなるわけではなく、同じような製品を購入することができます。

 特にD5300に関してはAF-Pレンズキットがかなり安価で販売されているので、購入を検討している人は急いだ方がいいかもしれませんね。

 D5600とD5300の違いですが、まずD5500以降からモノコックボディが採用され非常に小型になり軽量化しています。またD5600にはタッチパネル液晶と、スマホで操作できるSnapBridgeに対応しているという点で利便性が高くなっていますね。画質に関してはどちらもかわらないので、カメラの基本機能しか利用しないのであれば、安価なD5300でも十分です。

 記事中にもありますが、APS-Cミラーレスの発売もいずれはしなければいけないと思うのですが、その製品はどのようなものになるか気になるところです。

 詳細は本記事下部の記事元リンクからどうぞ。


(記事元)https://nikonrumors.com/2018/12/18/nikon-d5500-and-d7200-dslr-cameras-officially-discontinued.aspx/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
お名前、メール、ウェブサイトの入力は必須ではありません。