【Nikon Z6レビュー】もう一眼レフにはもどれない?

 重量が軽いというのはやはり大きな魅力のようです。

 
今回購入したのは、Nikon Z 6、マウントコンバーターFTZとNIKKOR Z 24-70mm f/4 Sのフルセット。一眼レフはD850を所有している筆者は、メインカメラをD850のままで、オールラウンダーモデルのZ 6を選択しました。
 
さて、実際の撮影結果ですが、ポートレートや取材など日常の使用に関しては、D850と比較してもかなり見栄えのする写りとなりました。使用レンズは、「NIKKOR Z 24-70mm f/4 S」と「NIKKOR Z 50mm f/1.8 S」の2本および、いくつかのFマウントレンズを使用しました。
 
やはり、段違いに良いのはNIKKOR Sレンズで、FTZを使用したFマウントレンズでもやや有利といった感じです。NIKKORレンズ以外には、「150-600mm F5-6.3 DG OS HSM | Contemporary」などの望遠レンズを使いましたが、AFなどの動作もNIKKORと同程度の精度で動作したように感じました
 
気になった点としては、やはり動体撮影でのAFの精度でしょうか。戦闘機のように3次元で縦横無尽に飛び回るものは言うまでもなく、サーキットで近づいてくるレーシングカーなどに関しても、狙ったところにピントを合わせるのが難しかったり、AFの挙動が不安定(ピントが合わずにAF動作をし続ける)になることがままありました。バッファー容量の差もあって、飛び物、レースなどスポーツ撮影に際してはまだまだ課題は残りました。
 
しかし、ミラーレスならではというか、その軽量なボディ重量は、かなり優位性がありました。航空祭ではほぼ手持ち、レースでは一脚を使用できるのですが、時には手持ちで撮影することがあります。望遠レンズそのものが重量があるので、ボディとレンズを合わせた総重量が軽いZ 6は、長時間構えていても腕が疲れず使い続けることができました。
 
まだ慣れない部分もありますが、比較レビューなどでD850とともに持ち出す時以外は、ほぼNikon Z 6での撮影となっています。D850は良いカメラだと思うのですが、いっそ手放してZ 7も買い足してしまおうかと思えるほど、Z 6の使用割合が増えました。
 
(記事を一部引用しています)

 ほとんどの場面ではZ6でも十分に撮影できるようですね。記事によれば、戦闘機やカーレースの撮影などスポーツ撮影ではAFの正確性が下がるとされています。このあたりは被写体を認識する技術がまだイマイチなのでしょうね。たぶんソニーなどと同じセンサーを利用しているはずなので、センサーなどの機能的に問題があるのではなく、ソフトウェアの問題のように思えます。このあたりはミラーレスに慣れている他社に優位なのかもしれません。(ニコンにもNikon 1での経験がありますが)

 ですが、それ以外の撮影では必要十分な性能を発揮しているようで、D850よりZ6の出番が多くなっているということのようですね。

 記事中にありますが、撮影枚数もSnapbridgeの機能をOFFにしておけば、かなり長持ちするようです。Snapbridgeの設定で必要なときにだけ転送するような設定に変更するだけで、およそ倍ぐらい撮影できるようになるようで、かなりSnapbridgeが電力を消費している可能性が有るようです。

 他にも改善しなければならない点も有るようですが、とにかくAFに関しては新しい機種では素晴らしいものにして欲しいですね。

 詳細は本記事下部の記事元リンクからどうぞ。


(記事元)https://japanese.engadget.com/2018/12/29/nikon-z-6-2018/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
お名前、メール、ウェブサイトの入力は必須ではありません。